『アナーキスト 愛と革命の時代』ビジュアル ©24 MAI PRODUCTION - FRANCE 2 CINÉMA - MARS FILMS

写真拡大

映画『アナーキスト 愛と革命の時代』が、7月20日から東京・新宿シネマカリテで公開される。

【もっと写真を見る】

『第68回カンヌ国際映画祭』国際批評家週間のオープニング作品として上映された同作。19世紀末のパリを舞台に、アナーキスト組織を率いる男の恋人であるジュディットと、組織への潜入捜査を行なう警官ジャンが惹かれ合う様を描く。

恋人とジャンの2人の男を惑わすジュディット役を演じるのは、『アデル、ブルーは熱い色』で主演を務めたアデル・エグザルコプロス。ジャン役を『預言者』『ある過去の行方』などの出演作で知られるほか、黒沢清監督の新作『ダゲレオタイプの女』に出演しているタハール・ラヒムが演じる。共演者に『ぼくを探しに』のギョーム・グイ、監督・脚本家としても活動するセドリック・カーンがキャスティングされている。

なお同作は、7月16日から新宿シネマカリテで開催される『カリテ・ファンタスティック!シネマコレクション2016』で上映される。