<ISPSハンダグローバルカップ 初日◇23日◇朱鷺の台カントリークラブ(6,834ヤード ・パー71)>
 国内男子ツアー『ISPSハンダグローバルカップ』初日。全選手が競技を終え、ツアー初勝利を狙う朴相賢(パク・サンヒョン/韓国)が1イーグル・6バーディ“63”を叩き出し、8アンダー単独首位に立った。
国内男子ツアーフォトギャラリー
 1打差の7アンダー・2位にはP・スワンガルンポーン(タイ)、2打差の6アンダーにはE・グリジョ(アルゼンチン)。5アンダー・4位タイグループには、自身2度目のアルバトロスを記録した宮本勝昌のほか、池田勇太、塚田陽亮、藤田寛之、P・ハリントンら10名が並ぶ混戦となっている。
 またホストプロとして戦う藤本佳則は4アンダー・14位タイ、片岡大育は2アンダー・36位タイ、谷原秀人はイーブンパー・79位タイで初日を終えている。
【初日の順位】
1位:朴相賢(-8)
2位:P・スワンガルンポーン(-7)
3位:E・グリジョ(-6)
4位T:T・クロンパ(-5)
4位T:M・グリフィン(-5)
4位T:沖野克文(-5)
4位T:池田勇太(-5)
4位T:塚田陽亮(-5)
4位T:P・ハリントン(-5)
4位T:藤田寛之(-5)
4位T:宮瀬博文(-5)
4位T:宮本勝昌(-5)
4位T:朴ジュンウォン(-5)
14位T:市原弘大(-4)ら8名
<ゴルフ情報ALBA.Net>