スタイリスト山本あきこさん流☆「着る服がない...」を言わないためのファッションルール

写真拡大

プロのスタイリストとして活躍する山本あきこさんは、一般の方対象のパーソナルスタイリングでも絶大な人気を誇り、予約は数カ月待ちとか! 長年の経験から培ったコーディネートテクを発信し、ファッション迷子の女子たちを救ってきた山本さんに、今回は「多くの人が間違っている服選び」についてお話を伺いました。明日から実践できる目からウロコの新ルールが満載です!

まずは"クローゼットの服全部出し"からTRY!

「毎朝なんだか着る服がない」、「似たような服ばかり買ってしまう...」と悩む女性が多いのはなぜか? それは自分のアイテムをきちんと把握できていないからなんです。面倒かもしれませんが一度手持ちの服をすべて広げてみてください。自分が思っている以上に似た形や色の服があったりしませんか? どうもチュニックが多い、ワンピースばかり...など、自分の「洋服の買い癖」を把握するのがオシャレへの第一歩です。私が提案しているのは「21の普通の服」。白シャツやデニム、Tシャツなど何でもないシンプルな形であればあるほど◎。"オシャレ=変わったデザイン"という発想は勘違い! 例えその1枚が素敵でも、ほかのアイテムと合わせられないと意味がありません。コーディネートの土台となる普通の服がどれだけあるかをまずチェックしてみましょう。

主役アイテムを毎日変えてオシャレの脳トレを!

よく私はオシャレを料理に例えるのですが、冷蔵庫に何があるかを把握した上でその日の気温や体調と合わせて献立を考えますよね。コーディネートも同じだと思うんです。手持ちのアイテムを把握した上で、今日会う人や予定などTPOに応じた服装をすればいい。その際に私が提案しているのが、「毎日主役を変えてみる」ということ。OLさんなど、通勤バッグが毎日同じという人も多いですよね。実は、これが一番のダメコーデの原因なんです。「週5日もある通勤ルックこそ、オシャレを楽しまなくては損!」という心意気で、まずは手持ちのバッグで使っていない物を「明日はこれを持つ!」とコーディネートの主役にしてみてください。小さいバッグでもサブバッグを持てばOK。その主役アイテムを、靴やアウター、スカートなどと毎日変えてコーディネートするだけで、「なんか雰囲気が変わった!」と褒められること間違いなしです。

ジャストサイズを着るといいことだらけ♪

同じ服でも着こなしによってオシャレに見えるかどうかが格段に違ってきます。最近はゆったりとした格好も流行っていますが、いつもそういう格好をしていると身体もゆるんでしまいます。かといって、毎日ミニスカートを履いて足を出せばいいということでもありません。コツは「ジャストサイズを正しいウエスト位置で着る」だけ。試着をする際も「自分はMサイズだから」と決めつけずに、Sサイズも一緒にトライする勇気をもってください。

また、着こなしで誤解されやすいのですが、"ウエストを出す=くびれアピール"ではありません。重要なのは、ボトムの切れ目となるライン(線)を見せること。とろみのあるシャツを着て前だけ裾をINして後ろを出す着こなしは一番おすすめの着やせテクニックです。気になるお尻を隠せるし、前側はウエストラインを見せられるからスッキリする上、脚長効果も! とにかくウエストの幅ではなく線を見せる着こなしを意識してみてください。見られることを意識するうちに姿勢が正され、実際に痩せていく方もかなり多いんですよ。

コーデが3パターン想像できたら買う、をルールに

無駄な服を買わないための秘訣をよく聞かれますが、私は「コーデが3パターン想像できるか」を1つの基準にしています。ここでいう3パターンはデニム以外で! デニムは何でも合いますから(笑)。

逆に買わない、買ってほしくないものを挙げるとすれば、「フリルやレースのついた服」でしょうか。いくら白シャツでも胸元にフリルやレースがついていると、それだけで印象が決まってしまいます。甘さを出したいときは小物でアレンジすればいいんです。ピアスやネックレス、バッグにスカーフと土台の洋服がシンプルであればあるほど、小物で自在にイメージチェンジできます。インナーやソックスからチラリと見えるフリルやレースも同様。できるだけシンプルなものを選んでくださいね...意外と見られていますから! フェミニンアイテムの取り入れ方を意識するだけで「女子ウケ」がグッとアップしますよ。

いかがでしたか? どれも、とてもシンプルなルールで手軽に取り入れられるのに、コーデの幅はグッと広がります♪ 眠っている服がたちまち大活躍すること間違いなし! ぜひ今すぐ始めてみてください。


山本あきこ
スタイリスト。女性誌や広告など多くのスタイリングを手がけながら、2013年より一般の人に向けたスタイリングアドバイスや講座などを行う「パーソナルスタイリング」が大人気。著書に『毎朝、服に迷わない』(ダイヤモンド社)、『いつもの服をそのまま着ているだけなのになぜだかおしゃれに見える』(ダイヤモンド社)がある。
HP:Rocco Style Blog:見た目チェンジで人生が変わる!スタイリスト山本あきこのファッション提案 Instagram:roccoakko【関連記事】
・ 抜け感はラフな毛束で決まる♪大人女子の色っぽお団子アレンジ
・ スカーフ初心者はバッグから!"取手"に巻くだけの簡単アレンジテク2つ

photo:『毎朝、服に迷わない』(ダイヤモンド社)より
●当記事の情報は、ご自身の責任においてご利用ください。