決して健康的な食べ物を提供しているとは言えないファストフード店ですが、たまに寄ってしまう魔力があるのも事実。どうせ食べるならその中でもヘルシーなものを!と選んでいる方も多いことでしょう。日本、イギリス、アメリカなど、世界のどこで食べるかで、同じメニューでもカロリーにかなりの差があるようです。

驚愕。健康大国日本のファストフードは高カロリーだった

KFCからピザハットに至るまで、イギリス、アメリカ、フランスで同じものを注文したら、トンデモナイ違いがあるのをご存知でしょうか。

興味深いのは、各国の商品のサイズに違いがあることは知られていますが、サイズとカロリーは比例しないということです。

各国の違いはグラフを見れば一目瞭然ですが、一番ヘルシーな国とヤバイ国がどこなのか見ていきましょう。

1gあたりのカロリー数を比較してみました。

KFCハンバーガーの場合

image by: compare the market

一番ヘルシーなのは、211gで337Kcalのニュージーランド

一番ヤバイのは、139gしかないのに411Kcalもある日本

世界のカロリー差は143Kcalもあります。

(参考値)1gあたりのカロリー

日本:2.96Kcal/g US:2.20 UK:2.29 ドイツ:2.51 NZ:1.87 カナダ:2.41

マクドナルドのフライドポテト(Mサイズ)の場合

image by: image by: compare the market

一番ヘルシーなのは、イギリスの2.96Kcal

一番ヤバイのは、日本の3.36Kcal

そもそもMサイズの大きさが日本が一番大きいです。

(参考値)カナダ:3.18 US:3.06 UK:2.96 フランス:2.99 日本:3.36

image by: Flickr

代表的なビッグマックではどうでしょうか。

イギリスでは490Kcalに24gの脂肪、840mgの塩分が含まれています。

アメリカのダブルバーガーにおいては540Kcalで28gの脂肪が含まれていて、イギリスより4g多いです。オーストラリアではイギリスより2Kcal多い492Kcalで27gの脂肪含有量です。

また、マクドナルドの朝食シリーズは世界中で人気がありますので、こちらも見てみましょう。

イギリスの朝食パンは430Kcalで24gの脂肪に対し、アメリカのは40Kcal多く470Kcalで30gの脂肪。(女性にとって望ましい1日の摂取量はこの半分程度です)

次ページ>>「クリスピードーナッツ」、「サブウェイ」のカロリー比較

クリスピークリームドーナツの場合

image by: compare the market

ハンバーガーやフライドポテトほど国ごとに大きさの違いがないのがドーナツです。

残念ながら日本のデータはありませんが、

一番ヘルシーなのは、インドネシア

一番ヤバイのは、オーストラリア

砂糖のまぶし具合などがちがうのでしょうか?

(参考値)US:3,88 コロンビア:3.88 シンガポール:3.65 UK:4.27 オーストラリア:4.88 インドネシア:3.51

サブウェイのイタリアンBMTサンドウイッチ(6インチ)場合

image by: compare the market

こちらも日本のデータがありませんが、

一番ヘルシーなのは、ニュージーランド

一番ヤバイのは、香港

(参考値)NZ:1.59 オーストラリア:1.77 US:1.84 UK:1.75 フランス:1.83 香港:1.87

ハングリージャックス(バーガーキング)のワッパーバーガー

image by: compare the market

ハングリージャックスは、日本ではバーガーキングの名前で出店しています。

看板商品である直径5インチ(約13センチ)のハンバーガーで比べてみます。

一番ヘルシーなのは、フランスとイギリス

一番ヤバイのは、日本

(参考値)フランス:2.18 日本:2.70 UK:2.18 オーストラリア:2.48 US:2.24 カナダ:2.31

各国のカロリー比較をしてみると、意外にも日本のものはカロリーが高めだということがわかりました。

これには驚きです。

次ページ>>恐ろしい!米国スタバのドリンクは一杯410カロリー

スタバのドリンクは1杯で410カロリーも

image by: Flickr

ちなみに、世界的に有名なコーヒーチェーンであるスターバックスのドリンクには驚くべき量の砂糖と脂肪が含まれています。

モカフラペチーノ(1杯)

イギリス

 353kcal  44.3gの砂糖

アメリカ 410kcal  61gの砂糖
(+15gの脂肪分)

これ一杯で女性の一日の摂取許容量の約4分の1にあたります。

ホットチョコレート(1杯)

イギリス352Kcal  32.4gの砂糖アメリカ 440Kcal 43gの砂糖

糖分の違いが30%以上とはすごい差ですね。

スタバのドリンクのカロリーがどれだけ高いのでしょうか?

下記のインフォグラフィックをチェックしてみましょう。

ダブルチョコチップ・フラペチーノはチョコ120粒分

カフェラテはピザ一切れ分抹茶ラテはフライドポテト(M)と同じ

ペッパーミント・ホワイトチョコレートモカはコーラ3.7缶分

image by: i love coffee.jp 

スタバのドリンク、こんなにカロリーが高いなんて!

次ページ>>英米ピザのカロリーの差は900カロリー!?

ピザハットのカロリー差は900カロリーも違う?

最後にピザハットはどうでしょうか。

Introducing the Triple Treat Box: Summer Edition. pic.twitter.com/LBgdEKnrqM

- Pizza Hut (@pizzahut) 2016年6月14日

ラージサイズ(10ピース)のペパロニピザで比べてみましょう。

イギリスのものは、1ピースで281Kcalの13.9gの脂肪ですから、ホールでは2810Kcal、アメリカでは3710Kcalとなり、なんと900Kcalの差。

これはどんな人であっても一日の摂取許容量を超えてしまっています。

ファストフードの良さは、例えば旅行で海外へ出かけた際に見知らぬ場所でもサービスも味も想像ができるという安心感がひとつにあると思います。

しかし、今回の結果からカロリーや脂肪、糖分といったものが、同じものを食べても国によって30%近く違いがあるということを覚えておきたいですね。

ファストフードを食べる際には、カロリーを気にしてみてください。

Image by: Shutterstock

Source by: 英デイリーメール comparethemarket.com.au

文/桜井 彩香

 

出典元:まぐまぐニュース!