少し前には“置き換えダイエット”が流行りましたが、最近ではパスタを置き換える“ベジヌードル”がちょっとしたトレンドです。

一般的なスパゲッティは1人前で約360kcal(100gのパスタが茹で上がり時は約240gになると試算)もある一方、置き換えのベジヌードルにすれば、なんと1/24程度に抑えられるから海外セレブにも人気だそう! 筆者も体調をコントロールしたい日には、ベジヌードルに置き換える生活を送っています。

そこで今回は、フードアナリストで時短美容家の筆者が、話題の“ベジヌードル”に置き換えることができる野菜を3つご紹介していきましょう。パスタを食べたいときに、ぜひ参考にしてみてください。

■1:ズッキーニ

ベジヌードルの定番は、“ズッキーニ”。ズッキーニのカロリーはベジヌードル1食分(100g)で約15kcalですから、普通のパスタのわずか1/24です。細〜くパスタ状に切ったズッキーニを、生のままパスタのように使います。

カリウムが多く含まれるので、むくみ対策にもなるベジパスタの出来上がりです。生のまま使えるので、普通のパスタよりも時短で食事が準備できるのも魅力ですよね。

■2:ニンジン

なんと、ニンジンも置き換えベジヌードルとして利用可能です。食感が硬いので、ヌードル状にスライスした後にサッと茹でると使いやすくなります。

赤いヌードルになり、見た目も可愛くテンションが上がりますよ! カロリーも40kcal程度(100gあたり)なので、パスタよりもヘルシー。ビタミンAを多く含むので、疲れ目や肌荒れの日のベジパスタにオススメ。

■3:ダイコン

そして、真っ白いダイコンも、ベジヌードルとして応用可能な食材なんです。細く薄いヌードル状にスライスして、青臭さが気になるひとはサッとお湯をかけて臭みを取ってくださいね。筆者はダイコンの食感と香りが好きなので、そのまま使っています。

ダイコンは和食によく合う食材なので、和風パスタに使うとオススメ。カロリーはたったの25kcal(100gあたり)ほどで、ビタミンCやカリウムを多く含むので、お肌の調子を整えてくれる美容パスタに大変身です。

ヘルシーブームを受けて専用のスライサーもあるので、ぶきっちょ女子でもベジヌードルが楽しめる時代に。普通のパスタだとお腹いっぱい食べるのを避けていた女子でも、ベジヌードルなら好きなだけ食べることができます。ぜひ、いつものレパートリーに加えてみてくださいね。

【画像】

Raw zucchini spaghetti with walnuts and basil pesto

【関連記事】

笑えない悲劇!「夏にブクブク太る人」がほぼ当てはまるNG習慣3つ