『ファインディング・ドリー』に登場する人気キャラ、カメのクラッシュ (C) 2016 Disney/Pixar. All Rights Reserved.

写真拡大

『ファインディング・ニモ』の奇跡の冒険から1年後を描いた『ファインディング・ドリー』。全米では『シュレック3』の記録を抜き、週末3日間のオープニング興収で、アニメ映画史上歴代No.1の記録を達成したこの映画から、前作に引き続き登場するウミガメのクラッシュの映像が解禁となった。

[動画]“世界一愛されるカメ”クラッシュが帰ってきた!/映画『ファインディング・ドリー』本編映像

前作同様本作も、その大ヒットを支えているのが、ニモ、マーリン、ドリーといった前作から登場する人気キャラクターたち。中でも、登場シーンは少ないものの、ファンからの絶大な人気を誇るのがウミガメのクラッシュだ。

クラッシュは、東京ディズニーシーに愉快なおしゃべりができるアトラクション「タートル・トーク」が登場するほどの人気キャラ。「最高だぜぇ〜!うぉ〜!」の掛け合いがお馴染みで、世界中の人から愛されている。

解禁となった映像は、ただ1つ忘れられなかった<家族の思い出>を求めて旅立つドリーとマーリンとニモを、クラッシュが“カリフォルニア州モロ・ベイの宝石”まで連れて行くシーン。ドリーの家族に会いたいという思いに心打たれたマーリンは、海のことなら何でも知り尽くすクラッシュに頼み、海流に乗ってカリフォルニアを目指すことにしたのだ。

だがマーリンは激しい海流にちょっと酔い気味。しかしクラッシュは「最高だろぉ〜!」とマーリンの様子なんておかまいなし。酔って吐きそうなマーリンに「兄ちゃん、吐くんだったら甲羅の後ろまで行って体乗り出して、遠くに飛ばしてくれよなぁ〜」とアドバイスすると、クラッシュの息子スクワートが「それ、魚のえさやりって呼んでるんだ」と可愛い声で教えてくれる。コミカルなやり取りには前作へのオマージュが込められている。

一方、激流にも余裕なドリーとニモは、クラッシュの息子スクワートとドリーの両親について話していた。ドリーは「でね、あたしの親を探しに行くところなの。大西洋の…ブローチだっけ?」と忘れんぼうぶりを発揮するも、「モロ・ベイの宝石だよ」とニモが優しく訂正。カメの子どもたちに「ママとパパの顔を覚えてる?」と聞かれたドリーは「全身が青っぽかった気がするの。で、ところどころ黄色!」とおとぼけ発言をするという映像だ。

はたしてドリーは無事、家族に会うことができるのか? 『ファインディング・ドリー』は7月16日より全国公開となる。

【関連記事】
『ファインディング・ドリー』がアニメ映画史上全米歴代No.1を記録!
つぶらな瞳が超絶キュートなベビー・ドリーのビジュアル解禁!
上川隆也と中村アンが『ファインディング・ドリー』で声優に!
[動画]『ファインディング・ドリー』予告編