毎年流行する“手足口病”の症状と対策

写真拡大

執筆者:南部洋子(看護師)
監修者:岡本良平(医師、東京医科歯科大学名誉教授)

毎年夏に流行する感染症である、手足口病の症状と対策をご紹介します。

手足口病とはどういう病気?


手足口病は一般には、5歳以下の乳幼児が夏にかかるウイルス性の感染症です。病気の原因となる主なウイルスは、夏かぜウイルスの仲間で、コクサッキーウイルスA6、A16、エンテロウイルス71などです。
飛沫感染、あるいは接触感染で広がります。

 手足口病の症状は?


感染してから3〜5日後に、口の中、手のひら、足底、足の甲、膝伸側部、臀部などに水泡性発疹がでます。
発熱は38℃位出る場合もありますが、2〜3日で下がり、発疹も3〜4日で水泡が吸収され、アメ色に変化して、数日中に治る病気です。

しかし、まれではありますが、髄膜炎、小脳失調症、脳炎などの中枢神経系の合併症のほか、心筋炎、神経原性肺水腫、急性弛緩性麻痺など、さまざまな病気になる可能性があります。

また、手足口病の典型的な症状がみられず、重症になってしまうことがありますので、注意が必要です。経過を観察して、合併症に注意する必要があります。

 手足口病の感染経路とは


飛沫感染、接触感染、糞口(ふんこう)感染(感染している人の糞便・吐物などに直接または間接的に汚染されたものを口にする)が知られています。

この病気にかかりやすい乳幼児が集団生活をしている保育施設や幼稚園では、子どもたち同士の生活距離が近く、濃厚な接触が生じやすい環境にあります。
子どもたちは、衛生観念などが発達していないので、施設の中で手足口病の子どもが発生すると集団感染が起こりやすいのです。

乳幼児は、今までにウイルスに感染した経験がない子どもの割合が高いため、感染した子どもの多くが発病します。

 手足口病の診断と検査


発疹は、水疱瘡とは異なり、手足が主体で、水泡は化膿しませんし、大きなカサブタもできません。水泡は大きく、中央にくぼみがみられます。
口の中は、臼歯よりも前部の頬粘膜、口唇内側、舌にも出ますが、歯肉のはれや発赤はでません。

手足口病の治療


特別有効なワクチンや薬などはありませんので、発熱や痛みに対する治療を行います。また、夏に出やすいので、食欲不振が強いと脱水の危険があります。水分補給を心がけてください。

手足口病は発病しても、軽い症状だけで治ってしまうことがほとんどで、特別な病気ではありません。ほとんどの人が子どもの時にかかって、免疫をつけてきた感染症です。

 手足口病の症予防法は?


接触感染を防ぐために、手洗いをしっかりしましょう。排泄物を適切に処理することが大事です。職員は、オムツ交換時には、手洗いを入念に行ってください。

手足口病は、症状が治った後も便の中にウイルスが排泄されますし、また、感染しても発病しないままウイルスが排泄している場合もあることも考えられますので、手洗いは、流水と石鹸で十分に行い、タオルの共有使用は避けてください。

世界でも温帯地域では、夏に発生しています。

毎年夏にピークを迎えますが、ほとんどが軽症でなおります。重症化する割合が高いEV71による手足口病は、アジア各国で流行しています。軽症とはいえ、罹ったらしっかりと経過を観察することも怠らないようにしてください。