写真提供:マイナビニュース

写真拡大

キヤノンITソリューションズ(キヤノンITS)は6月23日、子会社であるタイのMaterial Automation(MAT)とともに、タイにおける「GUARDIANセキュリティサービス」の販売・サポート体制を整備し、7月1日よりタイの日系進出企業を中心にメールセキュリティサービスの提供を開始することを発表した。なお、タイでの販売は、キヤノンITSの子会社であるMATを通じて行われる。

具体的には、従業員によるメール誤送信や情報漏えいリスクなどの課題解決に向けて、情報漏えい対策サービス「GUARDIANセキュリティサービス」の中から、「メール誤送信対策サービス」と「添付ファイルZIP暗号化サービス」の英語版サービスを提供する。

「メール誤送信対策サービス(Mail Missending Prevention Service)」では、送信メールを一時保留し、誤送信に気づいたときに削除できる「自己査閲機能」、送信メールを保留して管理者が確認のうえ、送信や削除を行う「上長査閲機能」、メールの内容を設定したルールで検査し配送制御を行う「フィルタリング機能」などによって、誤送信を防ぐ。

また、「添付ファイルZIP暗号化サービス(Attachment File Zip Encryption Service)」は、メール添付ファイルの自動ZIP暗号化機能・パスワード別送機能、固定パスワード機能・パスワード除外機能などによって、メール添付ファイルからの情報漏えいを防止する。

(辻)