21日、サッカー・中国スーパーリーグに所属する江蘇蘇寧クラブは韓国の崔龍洙氏が新監督に就任すると発表した。写真は江蘇蘇寧クラブ。

写真拡大

2016年6月22日、新聞晨報によると、中国のサッカーチーム・江蘇蘇寧に韓国の新監督が就任する。

サッカー・中国スーパーリーグに所属する江蘇蘇寧クラブは21日、韓国の崔龍洙(チェ・ヨンス)氏が新監督に就任すると発表した。契約期間は7月1日から2年半、年俸は300万ドル(約3億1400万円)とみられる。崔龍洙監督は1990年代から2000年代初頭に韓国代表のエースストライカーとして活躍。Jリーグのジェフユナイテッド市原・千葉、ジュビロ磐田でも実力を発揮した。

監督としてはFCソウルを率い、2013年にACL(AFCチャンピオンズリーグ)準優勝の結果を残している。最新の世界監督ランキングでは13位。巨額補強の江蘇蘇寧クラブは現在、リーグ3位だが、崔監督の手腕で逆転優勝を果たせるのか、注目される。(翻訳・編集/増田聡太郎)