石垣島直送のパインで手でちぎって食べられる「スナックパイン」(1200円〜)

写真拡大

関越自動車道・三芳パーキングエリア(上り線)の商業施設パサール三芳の催事場「アトリウム」では、6月17日(金)〜7月6日(水)まで「サマーフェスタ沖縄物産市」を開催している。

【写真を見る】パインの輪切りが乗り、そして生地にもパインが入った「まるごとパインかすてら」(1200円)

このイベントは関東の梅雨空に沖縄の風を吹きこみ、一足早く夏を感じて頂こうと、毎年6月に開催しているもの。定番商品から今話題の商品まで幅広く集めている。

今回オススメなのは、「スナックパイン」(1200円〜)。石垣島直送のパインで手でちぎって食べられるユニークなもの。ボゴール種というパインで酸味が少なく、糖度が高いのが特徴で、ジューシーでさらに芯まで食べられる。生産者は全国果樹技術コンクールで農水大臣賞を受賞したことのある當銘(とうめ)氏で、生の美味しさを伝えたいと、土づくりや栽培技術に拘った一品だ。

また、「黄金タルト」(6個入り800円)にも注目。「元祖紅芋タルト」で知られる御菓子御殿の季節限定商品。さつま芋のしっとり感と華やかな香りが楽しめるタルトだ。タルト生地には沖縄産の黒糖を使用して、さつま芋の風味を引き立たせている。トースターなどで温めたり、夏らしく冷やして食べるのもよいとのこと。

人気の品はカステラの上にパインの輪切りがのった見た目が惹く「まるごとパインかすてら」(1200円)。カステラ生地にもパイン果汁がふんだんに使われ、パインの爽やかさと、かすてらのふんわり優しい美味しさのハーモニーが楽しめる。

その他にも、島豆腐をはじめとした沖縄の商品がいっぱいの「サマーフェスタ沖縄物産市」。三芳パーキングエリアで一足早く夏気分を味わおう【東京ウォーカー】