浅草寺の「雷門」が姿を隠して1カ月 物悲しい姿に外国人観光客が嘆き

ざっくり言うと

  • 浅草寺の雷門で屋根瓦1枚が地上に落ちているのが発見されてから約1か月
  • 緊急調査は続いており、雷門は門全体を工事用の囲いで覆われている
  • 観光で訪れたフランス人男性は「残念だし、悲しいね」と去っていった

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング