「スカイハイ・ウィッシュ」 ©Disney

写真拡大

東京ディズニーシー開園15周年を記念して公演中の花火、「スカイハイ・ウィッシュ」。

【写真】TDS15周年 花火「スカイハイ・ウィッシュ」フォトギャラリー

クリスタルを模した色鮮やかな花火が、ディズニーの音楽に合わせて夜空を彩ります。

実はこの花火、公演時間5分間、長時間の待ち時間も不要でありながら、「明日からもまたがんばろう!」と思わせてくれる仕掛けがたくさん隠されているんです。

パークの帰り道、「明日からまた辛い現実に戻るのが嫌…」とついつい考えてしまうアナタにこそ見てほしい「3つの理由」をお話しします。

1. 結果でなく過程? 願いを「輝かせる」大切さを重視したメッセージ

着目すべき点の1つ目は、「スカイハイ・ウィッシュ」のメッセ―ジです。

東京ディズニーシー開園15周年イベント全体のテーマは「"Wish"を輝かせる旅」。

15周年イベントの広告や15周年のハーバーショー「クリスタル・ウィッシュ・ジャーニー」と同じく、「スカイハイ・ウィッシュ」にも、「"Wish"をもっと輝かせる」というメッセージが込められています。

"Wish"(願い)という言葉を聞くと「叶えるもの」というイメージが先行しがちな中、あえて「輝かせる」ことに重点が置かれているのは興味深いですよね。

筆者個人の解釈になりますが、私は「"Wish"をもっと輝かせる」というメッセージには、

「夢に向かって思いを馳せる過程や、叶える方法を考えるプロセスも素敵な時間」

という意味が込められているのではないかと考えています。

なぜそう考えるのか?

その理由は「スカイハイ・ウィッシュ」で流れるBGMが明らかにしてくれます。

2. 選曲はディズニー映画で「願いに思いを馳せるシーン」の名曲ばかり

「スカイハイ・ウィッシュ」では、花火に合わせてディズニー映画の名曲も流れます。

実は、この選曲こそが「"Wish"を輝かせる」というメッセージを強力に裏付けているのです。

どの曲もディズニー映画の登場人物たちが、「願い」に思いを馳せるシーンで流れる曲ばかり。

以下に紹介します。

「Part of Your World」-『リトル・マーメイド』より

人間界との接触は固く禁じられているにもかかわらず、人間の王子に恋をしてしまう人魚の王女「アリエル」。

「Part of Your World」は、アリエルが人間の世界へ行ってみたいと憧れるシーンで歌う曲です。

人間界へ憧れと王子への思いは止められず、アリエルは悪い魔女と契約し、美しい自分の声と引き換えに人間の脚をもらって王子に会いに出かけます。

「I've Got a Dream」-『塔の上のラプンツェル』より

魔法の髪を持って生まれた「ラプンツェル」は生まれてすぐに誘拐され、18年間、塔の中に閉じ込められて暮らしていました。

外に出ることを禁じられていたラプンツェルですが、「毎年自分の誕生日の夜、空に浮かぶ光をもっと近くで見てみたい」という願いを叶えるため、泥棒「フリン・ライダー」と旅に出かけることになります。

旅の途中、訪れた酒場で危険な目にあったラプンツェルは、自分の旅を阻もうとする荒くれ者たちに「夢の大切さ」を諭します。

「I've Got a Dream」はラプンツェルの説得に心を打たれた荒くれ者たちが歌う曲で、「ピアニストになりたい」「恋人がほしい」それぞれが心に秘めていた願いを歌い上げます。

「Someone's Waiting for You」-『ビアンカの大冒険』より

主人公のネズミ「ビアンカ」と、そのお供である「バーナード」は、「国際救助救援協会ニューヨーク本部」の指示により、助けを求めている孤児の少女「ペニー」を探す冒険に出かけます。

長い冒険の末、ビアンカとバーナードが見つけたのは、島で危険な児童労働を強いられていたペニーの姿。

「Someone's Waiting for You」は、ペニーが「私にも両親がほしい。希望を捨てずに歩んで行こう」と涙するシーンで流れる曲です。

ビアンカとバーナードはペニーを励まし、島からの脱出を手伝います。

「Friend Like Me」-『アラジン』より

ある日、街でアグラバー王国の王女「ジャスミン」に出会い、心を惹かれた貧しい少年「アラジン」。

アラジンは「ジャスミンと結ばれたい」という願いを叶えるため、ランプの魔人「ジーニー」や魔法のじゅうたんの力を借りて奮闘します。

「Friend Like Me」はジーニーが、3つの願いを叶えられるという自分の不思議な能力を、アラジンに説明する時に歌う曲です。

「When You Wish Upon a Star」-『ピノキオ』より

おもちゃ職人である「ゼペット」が作った操り人形の「ピノキオ」は、ある日、妖精の魔法の力で人間のように話したり動いたりできるようになります。

このまま本当の人間になるための条件は、ピノキオが「正直で優しい性格になる」こと。

ピノキオは社会の荒波にもまれながらも、道徳心を身につけていきます。

「When You Wish Upon a Star」は映画のオープニングとエンディングで流れるディズニーの名曲ですが、ゼペットが星を見上げ「操り人形のピノキオが、本当の子供になってほしい」と願う劇中の冒頭でも流れている音楽です。

「願いが叶うまでの過程も素敵」だと気づかせてくれる

映画の登場人物たちはみな、ラストシーンでそれぞれの願いを叶えます。

しかしこれらの音楽が流れるのは、願いを叶える方法を必死で考え、仲間と夢を語り合い、時には涙を流すような、願いに向かって努力しているシーン。

こうして願いが叶うまでの過程の曲だけを切り取って並べてみると、「願いを叶える」というエンディングだけでなく、「願いを輝かせる」素晴らしさも伝わる気がしませんか。

「スカイハイ・ウィッシュ」ではディズニー映画の曲と登場人物を通して、15周年のメッセージである「"Wish"を輝かせる」意味と素晴らしさを教えてくれているのです。

3.「夢と現実」どちらも意識する “夜” 公演

注目ポイントの3つ目は、「スカイハイ・ウィッシュ」の開催時間です。

15周年イベントの数ある要素の中でも、「"Wish"をもっと輝かせる」メッセージが1番強く心に響く「スカイハイ・ウィッシュ」。

ダイレクトに心が打たれる理由は、「スカイハイ・ウィッシュ」の公演時間が「夢と現実」どちらも意識するちょっぴりセンチメンタルな「夜」だからに他なりません。

夢のような1日を過ごしたあと、パークで迎える夜は、まさに「夢と現実をつなぐトンネル」のような不思議な空間。

パークを出た後、わたしたちが現実世界で向きあう"Wish"は、おとぎ話のように簡単に叶うものばかりでは決してないでしょう。

だからこそ、パークで夢にどっぷり浸かった後は、現実世界でも「"Wish"をもっと輝かせてほしい」「願いに思いを馳せる今を楽しんでほしい」というメッセージが強く伝わってくるのです。

中止になりやすい花火。チャンスは逃さないで!

メッセージ、音楽、雰囲気、どれをとっても魅力あふれる「スカイハイ・ウィッシュ」ですが、夜の花火は中止になりやすいのも事実。

雨はもちろんのこと、風が強ければキャンセルになってしまうし、地上で天気が良くても気流の影響で中止という日もあります。

あなたが入園した日、運良く「スカイハイ・ウィッシュ」が開催されるなら。

帰路を急ぐ足を止め、夜空を見上げてみてください。

叶えるのがどんなに難しい"Wish"でも、それを輝かせている今を楽しむ。

そんなパワーが湧いてくるにちがいありません。

「スカイハイ・ウィッシュ」
公演期間:2016年4月15日〜2017年3月17日
※2016年7月8日〜8月31日の期間、休演となります
※「スカイハイ・ウィッシュ」は東京ディズニーランドでも鑑賞できます