日本車は世界中で高い評価を得ており、反日感情が存在する中国においても日系車の販売は好調だ。だが、韓国では韓国車のシェアが圧倒的に高く、日本車は確固たる地位を築くことができていないのが現状だ。(イメージ写真提供:123RF)

写真拡大

 日本車は世界中で高い評価を得ており、反日感情が存在する中国においても日系車の販売は好調だ。だが、韓国では韓国車のシェアが圧倒的に高く、日本車は確固たる地位を築くことができていないのが現状だ。

 中国メディアの捜狐はこのほど、日本製品ひいては日本車を買うことを恥と見なす国が中国以外にも存在したと主張し、それは韓国だと論じる記事を掲載した。

 記事は、韓流ドラマを例に挙げ、「ドラマの作中に登場するものの多くが韓国製品」であり、自動車も当然のように韓国車だと指摘。携帯電話なども韓国メーカーのものであると紹介。韓国の自動車メーカーは中国メーカーとは比べ物にならないほど高い実力を持つとし、「韓国では日本車を購入することは恥」であり、韓国では日本車はほとんどシェアを獲得できていないと論じた。

 一方、中国の街中では日系車が数多く走っていることを指摘。一部の中国人は「日系車を購入する人は売国奴」であり「恥さらし」であると叫んでいるが、それは「中国の自動車メーカーがだらしないうえ、中国人が民族的矛盾を忘れ去り、質の良い車を購入を求めた結果」であると伝えた。

 記事が指摘しているとおり、韓国の自動車市場は韓国車の独壇場であり、これは日本の自動車市場が日本車の独壇場であるのと同じだ。また、日本車が韓国で存在感を示すことができていないのと同様に、韓国車も日本ではシェアを獲得できていない状況だ。これは韓国人も日本人も自国の製品のほうが品質が高いと考えているためと言えるのではないだろうか。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)