岡田憲一+冷水久仁江(LENS)「Pixelman」(C)kenichi OKADA+kunie HIYAMIZU(LENS)

写真拡大

展覧会「魔法の美術館」が東郷青児記念損保ジャパン日本興亜美術館(東京都新宿区)で2016年7月12日から開催される。8月28日まで。

「見て」「参加して」「楽しむ」新しいタイプの展覧会。来館者の動きに合わせて、色とりどりの光や影のモチーフ、映像、音が変化する作品などにより、美しくも不思議な空間が生み出される。

損保ジャパン日本興亜美術館で7月12日〜8月28日

作品の前に立つと、ドットでできたキャラクターのような自分の全身が映し出されるPixelman、作品の前で大きく手を振ると、はらはらと桜の花びらが舞い散るSAKURA、風を受けて回転することにより、木漏れ日のような光と影が広がっていくガチョウの羽根でできたLifelog_シャンデリアなど、さまざまな素材やコンピュータを使って"光と影のイリュージョン"を仕掛け、だれもが魔法の世界へと誘われる体感型アートを楽しめる。10組のアーティストによる約15点を展示。

開館時間は10時〜18時。

休館日は、月曜日(ただし7月18日は開館、翌火曜日も開館)。

観覧料は、一般1000円(前売800円)、大・高校生600円(同500円)、シルバー(65歳以上)800円、中学生以下無料。