23日、韓国メディアによると、東京・靖国神社のトイレに危険物を設置したため、火薬類取締法違反などの罪で起訴された韓国人・全昶漢被告の第2回公判が22日に東京地裁で開かれた。写真は靖国神社。

写真拡大

2016年6月23日、韓国・ニューシスによると、東京・靖国神社のトイレに危険物を設置したため、火薬類取締法違反などの罪で起訴された韓国人・全昶漢(チョン・チャンハン)被告の第2回公判が22日に東京地裁で開かれた。

公判で全被告は、危険物を設置した動機について「反日感情や靖国神社に対する否定的な感情はなく、メディアに注目されたかった」と明らかにした。

これまでの警察の調査で、全被告は「靖国神社に太平洋戦争のA級戦犯が合祀(ごうし)されていることや日本の首相が参拝することに不満があった」と供述していた。しかし、22日の公判では、「そう言った方が格好いいと思った。本心は騒ぎを起こして韓国で称賛されたかった」と述べたという。さらに、全被告は「人を負傷させる意図はなかった」とし、「設置した装置に殺傷能力はなく、ただ爆発音を出す装置だった」と説明した。

これについて、韓国のネットユーザーは以下のようなコメントを寄せた。

「ただの目立ちたがり屋だったのか」
「彼の正体は一体?」
「良い行いで注目を集めてほしかった」

「結局、韓国人の評判を落としただけ」
「恥ずかしくて日本旅行に行けない」
「おかしいのは国会議員だけだと思っていたが、市民にも情けないやつがいた」

「どうせするなら、もっと大胆にするべき。そうすれば英雄になれたかもしれないのに」
「全てが中途半端。法廷で靖国神社を批判すれば、韓国で人気者になれただろう」(翻訳・編集/堂本)