哺乳瓶は小さいものを使おう

写真拡大

最近、赤ちゃんの肥満が問題になっているが、大きな哺乳瓶でミルクを与えると、普通の哺乳瓶で育てるより体重が増えることがわかった。親がつい飲ませすぎてしまうようだ。

米ノースカロライナ大学のチームが研究をまとめ、小児科学誌「Pediatrics」(電子版)の2016年6月7日号に発表した。

体重に加えて肥満度も大きくなった

研究チームは、母乳や搾乳ではなく粉ミルクだけを与える乳児298人を対象に、生後2か月から6か月までの体重と身長の変化を調べた。298人のうち約半数が、6オンス(約29.5ミリリットル)以上の「大きな哺乳瓶」を使っていた。

6か月たった時点で、全体では体重は平均約6ポンド(約2.7キロ)増えていたが、「大きな哺乳瓶」を使った赤ちゃんは、それ以下の哺乳瓶の赤ちゃんより、増加量が0.21キロ多かった。また、肥満度を表わす「体重・身長比」(身長に対する体重の比率。大きいほど太り気味)も大きかった。

哺乳瓶から体そむけたら「お腹いっぱい」

同大学のチャールズ・ウッズ教授は「もともとミルクで育つ赤ちゃんは飲み過ぎる傾向があります。大きい哺乳瓶を使うと、赤ちゃんが満腹のサインを出しているのに、親が全部飲ませてしまう可能性がありますから、小さい哺乳瓶を使うことが肥満防止にはいいでしょう」とコメント。そして、親は以下の「満腹のサイン」に注意すべきだとアドバイスしている。

(1)空腹のサイン:口を開く、唇を鳴らす、口に手を入れる、哺乳瓶の方に体を傾ける。泣くのは特にお腹がすいている。

(2)満腹のサイン:哺乳瓶から体をそむけるか離す。哺乳瓶をたたく。頭を振る。授乳中に注意をそらす、周りを見る。眠る。