写真提供:マイナビニュース

写真拡大

ネットワールドは6月23日、ハイパーコンバージド・インフラストラクチャーの一括サポートサービスを提供開始すると発表した。

このサービスは、ハイパーコンバージド・インフラストラクチャーを構成するハードウェアやソフトウェアのほか、その上で稼働するアプリケーションも含めてネットワールドが一括サポート窓口となり、障害受付や技術的なサポート支援を24時間365日対応で提供するもの。

第一弾として、「VCE VxRail」上で「VMware Horizon」を稼働させる仮想デスクトップ・インフラストラクチャー(以下、VDI)システムを対象として、「VCE VxRail」と「VMware Horizon」の一括サポートサービスを7月1日より提供開始する。

「VCE VxRail」は、VMwareハイパーコンバージドソフトウェア(「vSphere」「vCenter Server」「Virtual SAN」)に対応しており、サーバ仮想化、ソフトウェア定義のストレージ仮想化を実現する。

ネットワールドは、今回提供するデスクトップの仮想化「VMware Horizon」との一括サポートサービスに続き、「VMware NSX」や、OpenStackをVMwareベースのインフラストラクチャー上に展開する「VMware Integrated OpenStack(VIO)」など、VMwareソリューションをはじめ、Citrix XenDesktopやMicrosoft Virtual Desktop Infrastructureなどにも順次対応し、お客様へ総合的なハイパーコンバージド・インフラストラクチャー一括サポートサービスを提供していく予定。

なお、一括サポートサービスの価格は 24時間365日対応10インシデント制の場合で100万円(税別)。

(丸山篤)