パクチー、スパイス、フォーetc…夏はエスニックでダイエット!

写真拡大

 夏になると食べたくなるのが、刺激的なエスニック料理。実はダイエットや美肌にもエスニック料理はぴったりなんです。

 たとえば、タイ料理に欠かせないパクチー。これにはβカロテンが豊富で、美肌効果も抜群。というのも、βカロテンは体内でビタミンAに変わり、皮膚や粘膜を強くしてくれるという効果があるんだとか。また、腸内環境を整えて、便秘を解消してくれる働きも。さらに、βカロテンは強い抗酸化作用を持っているため、細胞の老化も防いでくれるんですよ。

 タイ料理やインドカレーなど、エスニック料理というと辛いイメージや独特の香りがあるイメージですが、使われているスパイスにもダイエット効果があります。代表的なものは次のとおり。

●レッドペッパー(唐辛子)‥‥脂肪燃焼を促すカプサイシンがたっぷり。体温を上げ血行や発汗を促進してくれる。

●カルダモン‥‥体内の脂肪を分解してくれる働きが。消臭効果があり、口臭が気になる人にも◎。

●ジンジャー(生姜)‥‥代謝を促進し、血行不良を改善して発汗を促します。

●クミン‥‥悪玉コレステロールを減らして、善玉コレステロールを増やす働きアリ。

●シナモン‥‥特に夕食に使われている場合、血糖値が急に上がるのを抑えて、脂肪が溜まりやすくなるのを防いでくれる。

●レモングラス‥‥リンパの流れを良くして、デトックス効果。

 特にクミンはカレーによく使われますが、クミンを3カ月間継続して摂取することで体脂肪率やコレステロールが減ったという実験結果も報告されています。台所に常備しておいて、炒め物やスープなどにひと振りしたり、ヨーグルトに混ぜて食べるようにすると良さそうです。

 また、ベトナム料理のフォー(米を使った麺)や、タイ料理のトムヤムクン、生春巻は、カロリーが低めで野菜やスパイスもたっぷり。青パパイヤのサラダも美肌効果のあるビタミンCが豊富なほか、脂質や糖質の分解を助ける酵素「パパイヤ酵素」が含まれていて、脂肪が蓄積するのを防いでくれます。

 暑い季節にはぜひ、汗をかきながらエスニック料理を食べて、スリムな体型を目指しましょう!