22日、環球網によると、ペルー政府は20日、中国国旗を掲げた船の中から乾燥させたタツノオトシゴ800万匹を押収したと発表した。

写真拡大

2016年6月22日、環球網によると、ペルー政府は20日、中国国旗を掲げた船の中から乾燥させたタツノオトシゴ800万匹を押収したと発表した。

カヤオ港でこの船が摘発されたのは今月7日。アジア方面に向かう予定だったが、中国人の船長は当局により逮捕された。ペルー当局は2004年にタツノオトシゴの捕獲禁止を宣言しており、その背景には輸出需要の急増による乱獲への懸念があった。

タツノオトシゴは中国で薬の材料として用いられており、あるデータによると毎年2400万匹以上が薬用として輸入されている。(翻訳・編集/野谷)