妻の努力次第で夫に「再びトキメキを感じる」秘訣4つ

写真拡大

「最近は夫を見てもトキメキなんて感じない……」などと、つまらない結婚生活にため息をついている妻も少なくないのでは?

今やニッポンの離婚率は3組に1組の時代を迎えている上に、「愛は3年で冷める」なんて定説までありますから、末長〜く夫を愛し続けるのは難しいのが実態かもしれません。

ですが、せっかく結婚したのですから、退屈な毎日よりも愛に溢れた日々を取り戻したですよね? もしかすると、夫にトキメキを感じない理由は、関係に慣れすぎてしまっているだけかもしれませんよ。

ならば、トキメキを取り戻す努力をしてみるしかないでしょっ!

そこで今回は、市議時代から魑魅魍魎(ちみもうりょう)な男女模様を垣間見てきた筆者が、夫に再びトキメキを感じる秘訣を4つご紹介します。

 

■1:「もしも恋人だったら」と仮定して夫を見てみる

結婚して数年も経つと、夫のことは異性というより家族という目で見るようになりますよね。

父親を見ても恋愛感情を抱かないのと同じように、家族である夫にトキメキを感じなくなっている妻も少なくなさそう。

でも、夫を恋人時代のような視点で見てみると、「カッコイイ!」と感じる面が意外とたくさん見つかるかもしれません。

もしも家族じゃなかったと仮定して第三者目線で夫を見てみると、「こんな素敵な面もあったんだ〜」と新しいトキメキに出会えそうですよ!

 

■2:「もしも夫が浮気をしていたら」と仮定してみる

人間って不思議なもので、手に入っているものには執着がなくなるものの、手に入らないものに対して執着心が芽生えやすいことがありますよね。

夫にトキメキを感じないのは、すでに夫は妻にぞっこんラブの自信があって「自分の手に入っている」という感覚も関係しているのかも。

でも、そんな夫がもしも浮気をしていたとしたら愛人から必死に取り戻したくなる妻もいるはず。

どうしても夫にトキメキを感じずに、結婚したことを後悔するほどに冷めているならば、「もしも夫が浮気していたら私はどうするんだろう?」と仮定してみると、夫への愛情が確認できトキメキが再燃することも!

 

■3:夫の素晴らしさを確認できる場所に行ってみる

夫にトキメキを感じないのは、夫の素晴らしさに触れていないせいかもしれません。

家で顔を合わせるだけの関係になってしまうと、リラックスしてダラダラ過ごしている面しか見ないのでトキメキどころじゃなくなりますよね。

そんな時は、夫の特技が生かされる場所に一緒に出かけてみるのもオススメ。例えば、英語が堪能な夫と海外旅行に行ってみたり、釣りが得意な夫と釣り船に乗ってみたり!

家では“トド”のようにダラダラしている夫が特技を生かしている姿を見れば、きっとトキメキも再燃するはずです!

 

■4:無理難題を押し付けてみる

かなり荒技ではあるのですが、「どうせウチの夫にコレを言っても叶わないよね」と思うようなことを夫にお願いしてみるのも、トキメキを取り戻すキッカケになるかもしれないんです。

例えば、旅行ばっかり行っているママ友が羨ましいなら「ウチも3か月に1度は家族旅行に行きたい!」、最近禁煙したママ友のご主人が羨ましいなら「家族のために禁煙してほしい」など、ちょっと無理そうな難題を押し付けてみるんです。

もしも夫が「わかった! そうするよ」と快く受け入れてくれたとしたら……! 「ウチの夫も意外と男らしいところがあるんだわ!」と感激してトキメキが再燃する可能性もありますよね。

 

いかがですか?

夫にまったくトキメキを感じないと、毎日がとんでもなく退屈に感じるもの。

でも、どうせ一緒にいなきゃならないなら愛に溢れた生活のほうが楽しいですよね。夫への愛を再燃させたい妻は、ぜひ参考にしてみて下さい。

(ライター 並木まき)

 

【関連記事】

※ 多くの離婚夫婦から学ぶ「共稼ぎ夫婦が円満に過ごす秘訣」5つ

※ 「愛妻家は妻をこう呼ぶ」3位ニックネームを超える圧倒的1位は?

※ 1位は断トツでお金の問題!7割の夫婦が感じる「2人目の壁」の原因ベスト3

 

【Specialコンテンツ(PR)】

※ 今しか手に入らない!こだわり抜いた「幻の美容オイル」とは

※ 72kgが51kgに!? さらに産後-10kgを経験したママもいる裏技ダイエット

※ あ〜女子力落ちた…「お風呂時間に済ませる」忙しい女性の時短美容って?

 

【姉妹サイト】

※ 正直ゲンナリ…「夫の機嫌が悪いとき」妻がとるべき賢い対処法3つ

※ 2位家の前にゴミ…「ご近所さんにやられたらイラッとすること」1位は

 

【画像】

※ Monkey Business Images / Shutterstock