外出時のマスク着用や外干しの目安などの対策に

写真拡大

パソコン、スマートフォンの周辺機器などを手がけるラトックシステム(大阪市)は、Bluetoothほこりセンサー「REX-BTPM25」を2016年6月下旬に発売する。

大気中を浮遊する花粉やハウスダスト、タバコの煙などの飛散量を計測できる。微小粒子状物質PM2.5にも対応し、PM2.5/PM10を選別して計測するセンサーと、温度・湿度・照度・気圧を計測する各センサーを搭載する。

iOS/Android向け専用アプリ「RATOC PM2.5対応 ほこりセンサー」を用意し、スマホやタブレットとBluetoothで接続して計測データを表示できる。空気の状態を1回のみ計測する「今すぐ計測」、指定した間隔で計測し、1時間ごとなら約60日分記録できる「自動計測」、2つの計測方法を選べる。

そのほか本体ボタンの操作で計測を行い、6段階表示可能な内蔵のLEDでPM2.5/PM10(アプリで選択)の飛散量をチェック可能。PM2.5/PM10が設定レベルを超えた場合にブザーやスマホに通知する機能を備える。身近な空間の空気の状態を把握できるため、外出時のマスクの着用や分煙、外干しの目安などの対策を立てられるという。

容量2600mAhのバッテリーを内蔵し、屋外や車の中などでも使用できるほか、付属のUSB-ACケーブルで常時給電も可能だ。

直販サイト「ラトックダイレクト」での価格は1万9800円(税込)。