画像

写真拡大 (全2枚)

 トランスコスモスは、スマートフォンでのwebページの高速表示を目的としたオープンソースプロジェクト「AMP」および、webブラウザ上でネイティブアプリと同等のインタラクションを実現する「PWA」に対応する専門開発チームをフィリピンに新設した。

 トランスコスモスは、Googleなどが推奨する、スマートフォンでのwebページの高速表示を目的としたオープンソースプロジェクト「Accelerated Mobile Pages (以下、AMP)」(※1)および、webブラウザ上でネイティブアプリと同等のインタラクションを実現する「Progressive Web Apps(以下、PWA)」(※2)に対応する専門開発チームをtranscosmos Asia Philippinesに立ち上げた。
Gotcha! mallのPWA対応イメージ

 第一弾としてグランドデザインが開発・運営するオムニチャネルプラットフォーム「Gotcha! mall(ガッチャモール)」のPWA対応を7月に予定している。

※1:Accelerated Mobile Pages(AMP)とは
GoogleがTwitterなどと共同で推進する、モバイル端末でwebページを高速表示するためのプロジェクト。静的なスマートフォン向けwebページのデータ量を10分の1にすることで、従来比4倍の表示速度を実現する。Googleでの検索結果においても、AMP対応済みニュースサイトの一部がトップニュース枠にカルーセル表示されるようになっている。

※2:Progressive Web Apps(PWA)とは
プッシュ通知、キャッシュ利用、バックグラウンドの同期などを可能にする、webブラウザの最新技術「Service Worker」を利用して構築することで、ネイティブアプリのようなインタラクションを実現したスマホ向けwebページ。PWAは検索やURLリンクからアクセスできるため、アプリストアからのインストール不要。ユーザーリーチが広いwebの利点と、ページの高速表示やオフライン時の起動などネイティブアプリの利点を兼ね備えている。

MarkeZine編集部[著]