新しいキャデラックとSNS時代の「見逃さないクルマ」

写真拡大

ゼネラルモーターズの新しい高級セダン「キャデラックCT6」には、周囲360度の映像を撮影できる4つのカメラが搭載されている。これでもう、YouTube用の映像を撮り逃すこともなくなるだろう。

「新しいキャデラックとSNS時代の「見逃さないクルマ」」の写真・リンク付きの記事はこちら

ゼネラルモーターズ(GM)の高級車ブランド「キャデラック」の最新セダン「CT6」(日本発売は2016年9月)のフロントグリルには、運転手がひそかに起動できる監視カメラが内蔵されている。トランクの蓋や、左右のバックミラーにもカメラが隠されており、警報システムが作動すると撮影が始まる。

キャデラックCT6は、2015年の「ニューヨーク国際オートショー」で初公開された。このとき『Ars Technica』は同車について、「アウディのA8、BMWの7シリーズ、メルセデス・ベンツのSクラスといったドイツの高級セダンに太刀打ちできる可能性が最も高い米国車」と報じた

しかしこのときは、あることを見落としていた。本体価格5万3,000ドルからというこのクルマが、移動式の「360度サラウンドヴュー・ヴィデオカメラ」を兼ね備えていることだ。

RELATED

もちろん、パトロールカーはダッシュボードにカメラを搭載しているし、2015年の「シボレー コルベット」には駐車場係の挙動を撮影するカメラまで付いている。

しかし、キャデラックCT6の4つのカメラは、クルマの周囲360度の映像をひそかに撮影することができる。これは業界初であり、YouTubeにうってつけの瞬間、ドライヴ中の美しい景色、警察による検問を記録する新しい手段でもある。

キャデラックの説明によれば、カメラで撮影される映像はトランク内に差し込まれるSDカードに保存される。SDカードの容量は32GBで、約32時間分の映像を記録できる。

高解像度ではないが、視界が良好な日には数百フィート先まで撮影できるという。

関連記事甦るGM:起死回生のEV誕生ストーリー