2位通過ベルギーに敗れたスウェーデンが敗退でイブラ代表引退《ユーロ2016》

写真拡大

▽ユーロ2016グループE最終節のスウェーデン代表vsベルギー代表が22日にパルク・オリンピック・リヨンで行われ、0-1でベルギーが勝利した。

▽ここまで勝ち点1で3位のスウェーデンと、勝ち点3のベルギーが突破を懸けて最終節で激突した。スウェーデンのハムレーン監督は、0-1で敗れた第2節のイタリア代表戦からグイデッティに代えてベリを起用する1点を変更。今大会終了後の引退を表明したイブラヒモビッチもスタートからピッチに立った。一方、ポルトガルのヴィルモッツ監督もデンベレに代えてナインゴランを起用する1カ所の変更で、最前線に配したルカクの後方に右からカラスコ、デ・ブライネ、アザールと並べた。

▽両者共に前へ出るアクティブな立ち上がり、先にビッグチャンスを迎えたのはスウェーデンだった。シェルストレームがゴール前に入れたFKから味方が競り合って正面にこぼれたボールをベリが叩く。これが枠を捉えるも、コースが甘くGKクルトワのセーブに遭った。

▽早々にチャンスを許したベルギーだが、直後にはボックス左角のルカクが、わずかに枠の右にはずれる際どいシュートを放つなど応戦する。逆に25分には、ベリからパスを受けたイブラヒモビッチが、ペナルティアーク付近からシュート。これは、わずかに枠の左にはずれる。

▽ハーフタイムにかけても一進一退の攻防が続く。両者共に最終ラインの守備陣が集中を維持して得点を許さない中、前半終了間際にはベルギーに決定機。ショートコーナーからデ・ブライネのクロスにムニエが合わせたが、このヘディングシュートはわずかに枠をはずれた。

▽迎えた後半も一進一退の好勝負が繰り広げられる。後半最初の決定機は66分のベルギー。カウンターからデ・ブライネが放った鋭いミドルシュートがゴール左隅を捉えたが、これはGKイサクションの好セーブに遭った。

▽さらに、73分にもベルギーがカウンターから好機。デ・ブライネの好スルーパスで抜け出したルカクがDFに走り勝ってゴール前に侵入し、シュートを放つ。しかし、これも素早く間合いを詰めてきたGKイサクションの好守を前に、先制点とはならない。

▽一方のスウェーデンは75分、正面からイブラヒモビッチが放った直接FKが枠を捉えるも、GKクルトワのセーブに遭ってゴールとはならない。対するベルギーも、途中出場のメルテンスがボックス左角から放った枠内シュートがGKイサクションに防がれる。

▽それでも、84分にはついにベルギーがゴールをこじ開ける。左サイドを縦突破したアザールの折り返しをボックス右手前で受けたナインゴランが右足一閃。強烈なシュートがゴール左隅に吸い込まれ、ベルギーが均衡を破った。

▽その後、途中出場のベンテケがアディショナルタイムに放った決定的なシュートをGKイサクションに防がれたベルギーだが、そのまま1-0で逃げ切りに成功した。敗戦したスウェーデンでは、レジェンドのイブラヒモビッチが代表戦ラストマッチとなっている。

▽他会場では、アイルランドがイタリアに勝利し、3位グループ内上位で決勝Tに進出。グループF首位はイタリアで、2位通過のベルギーは決勝T1回戦で26日にハンガリーと対戦する。