21日、中国から日本への爆買い観光客が減り始めている。中国が海外で購入した商品に対する税率を引き上げたためだとみられている。

写真拡大

2016年6月21日、台湾聯合新聞網によると、中国から日本への爆買い観光客が減り始めている。中国が海外で購入した商品に対する税率を引き上げたためだとみられている。

日本の主要百貨店84社がこのほど発表した5月の外国人客による消費額は134億8000万円で、前年同月に比べて16.6%減少した。2カ月連続で減った。消費者数は30万人で同12.7%増加したものの、1人当たりの購買額は5万7000円で、同26%減と大幅な落ち込みとなった。

中国はこのほど、自国民が海外で購入した商品に対する関税を大幅に引き上げた。高級腕時計は30%から60%、酒類や化粧品は50%から60%。インターネットショッピングによる外国製品の購入も一定の数量以上は貿易扱いで課税している。(翻訳・編集/大宮)