エスパニョール、オリンピアコス守護神ロベルトを獲得

写真拡大

▽エスパニョールは22日、オリンピアコスからスペイン人GKロベルト・ヒメネス(30)を完全移籍で獲得したことを発表した。契約期間は2019年6月30日までの3年契約。スペイン『ムンド・デポルティボ』などが伝えるところによれば、移籍金は300万ユーロ(約3億5000万円)前後となるようだ。

▽アトレティコ・マドリーの下部組織出身のロベルトは、これまでベンフィカやサラゴサといったクラブを渡り歩き、2014年にオリンピアコスに完全移籍。2シーズンに渡って正GKとして活躍していた。

▽エスパニョールと3年契約を結んだロベルトは、スペイン代表に招集経験のある21歳の若手GKパウ・ロペスとのポジション争いに挑むことになる。