22日、米華字メディアによると、米マサチューセッツ州ボストンのすし店で3人の客が民族差別的な言葉を発した後に、3人の中国系の店員に暴行を加えるという事件があった。写真はボストン。

写真拡大

2016年6月22日、米華字メディアによると、米マサチューセッツ州ボストンのすし店で3人の客が民族差別的な言葉を発した後に、3人の中国系の店員に暴行を加えるという事件があった。

ボストン警察によると、先日、James Mulhern容疑者(40)とColleen McDonough容疑者(54)、Timothy O‘Sullivan容疑者(50)の3人が酒に酔った状態で同市内の寿司店に入店。店員にその日の割引メニューを尋ねたが、割引メニューがないことを聞くと突然怒り出し、民族差別的な言葉を叫んだという。

3人は店を離れる際に力いっぱいドアを閉め、店の備品を破壊。中国系の女性店主が追いかけて行って警察に通報すると伝えると、McDonough容疑者が振りむきざまに女性の顔面を拳で殴り付け、「自分の国に帰りやがれ!」と叫んだ。携帯電話で証拠映像を撮影しようとした店員も、ほかの容疑者から暴行を受けた。止めに入った別の客もMulhern容疑者に腕をかまれ、軽傷を負った。3人のうち2人が20日に裁判所に出廷したが、容疑を否認しているという。(翻訳・編集/北田)