21日、韓国のトップ女優キム・ミニと大物映画監督ホン・サンスの不倫疑惑をディスパッチなど韓国の芸能メディアなどが報じ大きな話題となる中、キム・ミニがホン監督の妻に放った一言が注目を集めている。資料写真。

写真拡大

2016年6月21日、韓国のトップ女優キム・ミニ(34)と大物映画監督ホン・サンス(55)の不倫疑惑をディスパッチなど韓国の芸能メディアなどが報じ大きな話題となる中、キム・ミニがホン監督の妻に放った一言が注目を集めている。

報道によると、両者は昨年初めの映画撮影をきっかけに「不適切な関係」になり、ホン監督が昨年9月に家族と暮らしていた家を出て以降は同棲生活を続けている。ホン監督は1985年に結婚し、妻と娘がいるが、キム・ミニとの関係を家族に告げ、妻との離婚を申し出た上で家を出たという。こうした中、ホン監督の夫人の証言により、夫人が夫の「不倫現場」を目撃していたこと、昨年10月には自らキム・ミニの自宅を訪ねキム・ミニと「対決」していたことが明らかになった。

この時、夫人はキム・ミニの次の一言にあぜんとしあきれ返ったという。「だから、旦那さんの管理をちゃんとすればよかったのよ」。また、その場にいた母親に対しては「この女(夫人のこと)、まともじゃないわ。この女の言うことを聞かないで」とも。

報道に韓国のネットユーザーからは1万件を超えるコメントが寄せられているが、特にこのキム・ミニのドラマのせりふのような発言に注目したものが多い。

「言っていいことと悪いことがある。世も末だな」
「キム・ミニは映画の撮影と勘違いしてるんじゃない?」
「安物ドラマの見過ぎだね」
「そのうち自分も年を取るんだよ」

「あきれ返る上に衝撃的だ」
「一方の証言だけを聞いてるから分からない部分もあるけど、全体的にみてキム・ミニにはがっかりだよ」
「キム・ミニは自分の人生の管理をちゃんとすべきだった。34年の人生が一瞬でごみになったよ」

「2人ともどうしてこんなことができるんだ?芸能界は本当に最低だな」
「この一言で品性が分かる」
「この誘惑の多い世の中、男も女も金の管理や欲望の管理をきちんとしないとね。失敗すると、一気に世の中から消されることになる」

なお現在2人は米国に滞在中といい、いずれも不倫疑惑について公式のコメントを出していない。(翻訳・編集/吉金)