スカパラの谷中(右)とKen Yokoyama(左)の間に立つ綾野剛(中央)

写真拡大

「日本警察史上最大の不祥事」と呼ばれる“稲葉事件”をモチーフに、綾野剛が日本一ワルな警察官を演じた『日本で一番悪い奴ら』。警察を舞台にしたこの映画にちなみ、6月22日に新宿ステーションスクエアで「新宿日悪署(にちわるしょ)」落成式セレモニーが行われ、主演の綾野剛が登壇した。

[動画]スカパラとKen Yokoyamaに囲まれた綾野剛「今年一番楽しい」と満面の笑み

綾野はこの日、「新宿日悪署」の署長としてセレモニーに登場。日悪署が完成したことに「最高ですね」と答えると、「宣伝部はどこまで日本で一番で悪いんだって思いました」とこの大掛かりな宣伝にニヤリ。前夜もこの前を通ったそうで、「非常にキレイでライトアップもされていて、ちょっと興奮しました」と話した。

また、警視庁のマスコット・ピーポくんをパロッたような本作の宣伝キャラのニチワルくんについて聞かれると、「6月19日からこの場所があったんですけど、路上で寝転がってをマンガを読んだり、女性と一緒に写真を撮ったり、ニチワルくんは調子にのっているというイメージしかない。ニチワルくん、そこんとこ、ちゃんとして!」と署長らしく一喝する場面もみられた。

その後、日悪署オープンを記念してテープカットが行われ、同時に3億円相当の“日悪紙幣”がばらまかれると、ついでサプライズゲストとして、本作の主題歌を担当する東京スカパラダイスオーケストラと、伝説のバンドHi-STANDARDのギタリストで、現在はソロアーティストとして活躍するKen Yokoyama(横山健)が祝福に駆け付け、主題歌「道なき道、反骨の。」のライブ演奏を披露。通りかかった人々や集まったファンら約1000人の大歓声が起き、新宿は盛り上がりをみせた。

演奏終了後、スカパラの谷中とYokoyamaの間に立った綾野は「(2人の間に立っていること自体が)そもそも日本で一番悪い状態」と語りニヤリと笑うと、「最高に格好良かったですね。今年一番楽しいです!」と興奮気味に話していた。

『日本で一番悪い奴ら』は6月25日より全国公開となる。

【関連記事】
綾野剛が日本一ワルな警察官を演じた映画のティザーポスター解禁!
綾野剛主演『日本で一番悪い奴ら』に中村獅童、デニス植野らが出演!
綾野剛、世界的な活躍が期待される俳優に贈られるライジング・スター賞受賞/『日本で一番悪い奴ら』
[動画]『日本で一番悪い奴ら』予告編