この夏「スイカダイエット」が話題!? ビヨンセ発最新ダイエット法とは

写真拡大

暑い夏はどうしても露出が増えるので、体型が気になります。“ダイエット”の文字が頭をよぎりつつも、厳しい食事制限は健康や美容の面でよくないし、働き女子にとって十分な運動をする時間を作るのは難しいもの……。

食べて痩せる健康的な方法やスーパーフードを取り入れたダイエット法は数多くありましたが、この夏注目を集めているダイエット食材は、なんと旬の果物スイカです!

本業の音楽だけでなく健康食のプロデュースにも積極的に取り組んでいるビヨンセが、コールドプレスのスイカジュースのPRを始めたことから、健康志向の強いモデルやセレブがこぞってスイカを取り入れ始めたのだとか。

今回は、海外のライフスタイルハックサイト『philstar』『Nutrition Trend』の記事を参考に、知られざる“スイカのダイエット効果”をご紹介します。

■90%が水分、低カロリー

皆さんも夏はスイカを食べる機会があると思います。とはいえ甘い果物であるのも事実。

糖分が多いのに本当にダイエットになるの?と思う方も多いかもしれませんが、そのカロリーは100gあたり37kcalで、みかん(45kcal)やリンゴ(54kcal)、バナナ(86kcal)よりずっと低カロリーなのです。

たくさん食べられるうえ、水分も90%なので同時に水分補給もできるので効率よくダイエットができます。

■ダイエットに適した成分が豊富

スイカに多く含まれるカリウムには利尿作用があり、体内に溜まっている余計な塩分を排出して肝臓の働きを良くする効果があるそう。

冷たいビールが飲みたくなる季節だからこそ仕事関係やプライベートなどでついつい飲み過ぎた、食べ過ぎた、なんて時にはスイカでデトックス! 疲れた肝臓を休めるにも最適です。

また、シトルリンと呼ばれるアミノ酸は血管を広げて血液の流れをよくしてくれる効果があり、筋肉量を増量する働きがあるそう。痩せやすい身体になり、嬉しいことだらけですね。

■アンチエイジングにも効果あり

スイカの色から見ても分かる通り、真っ赤なスイカはリコピンも豊富です。美白効果はもちろんのこと日焼けした肌の火照りを防いでくれたり、がん予防にもなると言われている成分です。

シミやそばかすの原因となるメラニンの生成を抑制してくれるので、日焼け止めだけでは防げない外的要因も内側からケアできて、忙しい働き女子にとっていいことづくしなのです。

■スイカ×お酢の相乗効果

スイカを間食代わりにしたり、朝食やデザートに食べるだけでももちろん効果は得られます。しかし、欲張りにさらに効果を高めたい筆者は、スイカジュースの中にお酢を入れて飲んでいます。

黒酢やフルーツ酢など、最近は “飲むお酢”が流行っていますよね。冷え性対策、血液をサラサラにする作用、脂肪燃焼を促す効果があるといわれ、その高い美容・健康効果に注目が集まり、お酢専門店などもできているほどです。

お酢だけで飲むのは酸味が強すぎるので、フルーツジュースに混ぜたところ、これが大正解でした!

種を取り除いたスイカをミキサーにかけて、大さじ1程度のお酢と少しのお水を入れれば“スイカジュー酢”の完成です。お酢のおかげで夏にぴったりの、爽快感のあるさっぱりとした後味のジュースになりますよ。

以上、知られざる“スイカのダイエット効果”をご紹介しましたが、いかがでしたか?

スイカダイエットはすぐに効果が表れやすいのも嬉しいポイント。こまめに摂取するとスイカの持つカリウムやシトルリンの効果が持続するので、一日に何回かに分けて食べることをオススメします。

忙しい女子でも続けられるスイカダイエット、ぜひお試しあれ!