特急列車が脱線・横転  中国大陸籍の女性2人けが/台湾

写真拡大

(花蓮 22日 中央社)22日午後2時49分頃、台湾鉄路管理局(台鉄)台東線富源―大富間(いずれも花蓮県)を走行中だった左営発花蓮行きの特急列車、自強号が脱線・横転した。台鉄によると乗客約200人のうち、中国大陸籍の女性2人が負傷し、病院で治療を受けているが、いずれも軽傷だという。

列車は9両編成で、後方の3両が脱線した。前方の6両には異常がみられなかったことから、約1時間後の午後3時38分に脱線した車両を現場に残し、花蓮へと向かった。

同線では今月4日にも急行列車、キョ光号が花蓮県内の富里―東竹間で、高温によりゆがんだレールに突っ込み、脱線する事故が起きたばかり。(キョ=草かんむりに呂)

(李先鳳、盧太城/編集:齊藤啓介)