オエ〜!「他人の臭いが気になる場所」2位は職場、体臭地獄の1位は

写真拡大

6月は梅雨で天気の変動が多い時期、蒸し暑く、汗と臭いが気になり始めますよね。では人はどんな場所で臭いを感じ、気にしているのでしょうか?

そこで今回は、ドクターシーラボが20〜50代の男女552名人に行ったアンケート調査をもとに、周りから「クサイ!」と思われやすいシーンなど、臭いに関することをまとめました。

■自分の臭いは68%、他人の臭い81.8%が「気になったことがある」

そもそも人は臭いをどれだけ気にしているのでしょうか?

「自分の臭いが気になったことはありますか?」との質問には、35.7%が「ある」、32.3%が「どちらかと言えばある」と答え、68%の人が「気になったことがある」という結果に。

また、「人の臭いが気になったことはありますか?」には、55.4%が「ある」、26.4%が「どちらかと言えばある」と回答。合計すると、なんと81.8%にも達しました。

■電車やバスが最も「臭い」と思われやすい場所

では実際にどのシーンで他人のニオイを感じることが多いのでしょうか?

上記で「人の臭いが気になったことがある」と回答した人に対し、「どのような場所で臭いが気になったのか?」と質問した回答結果は、下記の通り。

1位・・・電車・バスなどの公共機関(66.0%)

2位・・・職場(52.8%)

3位・・・エレベーター(28.5%)

4位・・・商業施設(26.9%)

5位・・・自宅(19.4%)

トップ3はやはり、人が集まり密室状態になる場所が多く票を集めました。特に、1位の「電車・バスなどの公共機関」と3位の「エレベーター」は、狭い空間で臭いもこもりそう……。

■脇と足の臭いの防ぎ方は?

臭いと言っても、悪臭の発生源はさまざまですよね。

「自分の臭いのどこが気になりましたか?」との質問では、上位から順に、「汗の臭い」80.9%、「脇のニオイ」42.4%、「口臭」41.9%、「足の臭い」40.3%などが挙げられました。

全体的な「汗の臭い」は別にすると、夏場の臭いで特に注意すべき体の部位は、脇と足のようですね。

女性のための医学事典『ウィメンズ・メディカ』(小学館)にも書かれていますが、汗はもともと無臭だそう。しかし皮膚の表面にいる細菌が汗を分解し、そこに脂質が混ざると、刺激的な臭いが出てしまうようです。

入浴時に、脇の下を丁寧に石けんで洗う、雑菌が繁殖しにくくなるようにムダ毛は処理するのは、最低限のケア。さらに外出時は通気性の良い服を着て、汗が出たらタオルや汗ふきシートですぐにふき取るなど、清潔な状態を保つようにしましょう。

足の臭いに関しても、姉妹サイト『美レンジャー』の過去記事「ストッキング足が…クサッ!飲み会で危険“足のニオイ”事前回避テク」で紹介されているように、普段から雑菌が繁殖しないように足を清潔にし、爪の手入れをしておきましょう。

また、汗をかいたときのためにストッキングや靴下の替えを用意しておきたいですね。

毎日うだるような暑さが続くと慣れてきて、だんだん日々の“臭いケア”が面倒になるなんてことも……。

しかし、いつどこで誰と偶然に出会うかわかりません。気になる男性の予期せぬ接近に備えて、夏の“臭いケア”を頑張りましょう。