21日、中国外交部の華春瑩報道官は、「中国は国連海洋法条約から脱退するのか」との問いに対し、「日本から出た報道。何を目的としているのか分からない」とコメントした。

写真拡大

2016年6月21日、中国外交部の華春瑩(ホア・チュンイン)報道官は、「中国は国連海洋法条約(UNCLOS)から脱退するのか」との問いに対し、「日本から出た報道。何を目的としているのか分からない」とコメントした。22日付で京華時報が伝えた。

この日開いた定例記者会見での発言で、ある記者が「南シナ海をめぐる仲裁裁判で中国に不利な判決が出たら中国はUNCLOSからの脱退を検討すると報じられている」と質問したところ、「最近のいくつかの情報の出どころは日本メディアという点に関心を寄せている。その根拠や目的が分からない」と答えた。その上で、「フィリピンの一方的な提訴は同条約の乱用であり、一般的な国際法や南シナ海行動宣言、中国とフィリピンの2国間合意に違反する」との考えを示した。(翻訳・編集/野谷)