「動けないよぉ〜」ライフジャケットをこれでもかと着込んだ少女がダイブしたのは……水の中ではなく草むら!?

写真拡大

水の中に飛び込もうかどうか延々迷っている、幼い少女。彼女の姿をよく見ると、ライフジャケットを着込んでいます。しかも、何着も。

着込みすぎてダルマのようにまん丸になってしまった少女の身の上に、これから何が起きるのか。

「America’s Funniest Home Videos」によってYouTubeに投稿されていた動画の続きを、さっそく観てみることにいたしましょう。

【水が怖いのね】

「できるよ! 飛び込んで!」

周囲から声援を贈られるも、沈んだ表情で「無理」とつぶやく少女。ライフジャケットを異常なまでに着込んでいるのはきっと、彼女の不安の表れなのよね。

【少女を襲った悲劇】

結局、水へ飛び込むことができぬまま、飛び込み台(?)から降りて、草むらへと向かおうとした少女。そんな彼女を突如、悲劇が襲います。

草むらに向かってぴょんとジャンプした、次の瞬間。ライフジャケットで重みが増した体が、ゴロンと前傾。うつ伏せに倒れたまんま、動けなくなっちゃった!

【気の毒だけど笑ってしまう】

マンガのようなその光景に、みんな大爆笑。倒れた本人としては必死なのでしょうけれど、ジタバタ起き上がろうと奮闘しているその姿がさらに、笑いを誘うから困っちゃう。

ドンマイ、そんな日もあるよ。次に水遊びに挑戦するときは、もうちょっとライフジャケットの数、減らしてみてもいいかもね!

参照元:YouTube
執筆=田端あんじ (c)Pouch

この記事の動画を見る