世界のマーケット情報や企業情報のレポートを手掛ける富士経済が、次世代自動車の市場動向を調査、その結果をまとめた「2016年版 HEV、EV関連市場徹底分析調査」を公開しました。

1

報告書によると、現状ではHVが次世代自動車市場を牽引しているものの、2020年頃を起点にPHV、EVの市場拡大ペースが加速。2030年頃には拮抗し、その後PHVとEVがHVを抜き去り、逆転するとしています。

PHV:欧州、北米、中国で2025年頃より大幅な需要増加
EV:2015年に市場が大きく伸張。今後中国の需要増加がけん引
HV:日本を中心に市場が拡大。欧州や中国は伸び悩む

2035年頃にはPHVの世界市場が欧・米・中を中心に665万台(2015年比:約32倍)まで拡大、EVについても567万台(同 約17倍)に達するとしており、共にHVの468万台(同 約3倍)を上回ると予測。

欧米各メーカーを中心としたPHVとEVの多車種展開により、市場の伸びが予想されるとしています。

その背景として、北米のZEV(Zero Emission Vehicle)規制により、HVがZEV認定の対象から外れたことや、各国に於けるPHV・EVへの優遇策(購入補助他)による普及拡大とそれに伴う車両の低価格化、急速充電器の普及、二次バッテリーの容量アップによる航続距離拡大などをあげています。

次世代自動車の更なる普及拡大には世界的に需要が高いSUV、ピックアップトラックの電動化が有効としており、今後の企業戦略に活かせそうな内容となっています。

(Avanti Yasunori ・画像:富士経済、トヨタ自動車)

2035年にPHVの世界市場が32倍、EVが17倍に拡大する!?(http://clicccar.com/2016/06/22/380409/)