ルマン女子、無事に帰国しました! 公開車検前日から決勝翌日までの11日間ル・マンに滞在しましたが、毎日が刺激的で長かったはずの11日間でしたが、あっという間に過ぎ去っていきました。街やサーキットの雰囲気、地元の人の優しさ、食欲を増進させた美味しい食事達・・・、全てが最高でした! 現地で観戦に来ている日本人のかたに「記事読んでます」と言われたのも嬉しかったです。

そして、24時間耐久レースの厳しさも知りました。ポルシェとの首位争いをしながらトヨタが有利に進めた展開。決勝でのラスト3分前の衝撃的な展開は今でも鮮明に脳裏に残っています。まるで映画の1シーンを見ているようでした。あの時の、悔しさ・悲しさ・驚きが入り交じったなんとも言い難い気持ちは忘れることができません・・・。言葉にできない、という気持ちを初めて実感したような気がします。日本人として日本チーム、日本人ドライバーに勝ってほしいという願いは叶いませんでしたが、絶対歴史に残る瞬間を目の前にしたことはある意味幸せだったと言えるかも知れません。帰ってきた今はル・マン ロスかも!?

楽しい事、悲しい事、様々な思い出がある2016年ル・マンウィークを振り返ってみましょう!

1

■公開車検

  

6月12日(日)・13日(月)にル・マンの中心街、リパブリック広場で行われた公開車検。トークショーと記念撮影も行われ、全チームのマシンとドライバーを目の前で見る事ができ、2日間大盛り上がりでした。

■地元とともにあるル・マン

 

サン・ニコラス広場に歴代ル・マン優勝者達の手形モニュメントがあり、ル・マンの伝統を感じることができました。来年のル・マンウィーク中に今年の勝者ポルシェ2号車の手形が追加されます。

 

公開車検のあったリパブリック広場から徒歩約3分の場所にある、ル・マン・レジェンドカフェ。店内には、ル・マンのお宝グッズであふれかえっていました。そうそう、トヨタのレーシングスーツも飾られていましたよ。注文したレジェンドバーガーはお肉そのものの味がしっかりと伝わってきてとてもおいしく、サイドメニューのフライドポテトもカラっと揚がっていてバーベキューソースとの相性は最高でした。わりと量が多めでしたが、ペロリと完食しました!

手形モニュメントやル・マン・レジェンドカフェなどレースウィーク中以外にも常にあって、地元の人からずっと愛され続けているレースなんだなと改めて感じました。

■観光も買い物も楽しいル・マン

   

ローマ時代の城壁で囲まれているル・マンは街全部が観光地! 一歩通りに入ると中世にタイムスリップしたかのような別世界が広がります。サン・ジュリアン大聖堂もおススメなのでぜひ行ってみてくださいね。また、日曜日の朝にはジャコバン広場でマルシェを行っており、食材と古物雑貨がたくさん売っていましたよ。

 

女性が気になるお買い物事情も文句なし! 街の中にはもちろん、少しクルマを走らせると巨大なショッピングセンターがいくつかありました。洋服はお手頃価格でたくさんお買い物しちゃいました。

■ドライバーズパレード

 

6月17日(金)のドライバーズパレードではリパブリック広場周辺をぐるりと一周し、ファンの方との交流を楽しんでいました。ドライバー以外にもダンサーやDJ、音楽隊など何でもありのお祭り状態! 翌日にレースを控えているドライバー達もリラックスした表情でこのお祭りを楽しんでいるようでした。

■一日中楽しいサーキット

サルトサーキットはお客さんを楽しませる工夫がたくさんありました。特に驚いたのは、女性専用ブースがありマッサージ、ネイル、ヘアアレンジ、メイクを無料でやってくれる、女性にはとっても嬉しいサービスがあるんです! 私もフランス風(?)メイクをやってもらいました。もちろん、休憩スペースもあるのでゆっくり過ごせます。

 

観覧車やグッズ売り場が一日中やっているので、サーキット内は常に明るく夜中でも全く怖くありません。一晩中楽しめるのもル・マンならではですよね。

■歴史に刻まれたレース

レース前は晴天だったのにも関わらず、スタート直前に降り出した雨によりセーフティーカー先導でのスタートになりました。しかし雨は途中であがり、ゴールまでドライコンディションに。良かった!

途中までトップを走っていたトヨタ6号車ですが、レース開始から12時間が経過し調子が上がってきていた5号車が6号車をパスして、トヨタ内での順位が変動しました。

5号車が順調に周回をかさね誰もがトヨタ悲願の初優勝だと思ったその時、5号車がメインストレートで突然のストップ・・・。ライバル達にどんどん抜かれていきます。最後まで諦めずクルマを動かしチェッカーフラッグを受けた瞬間、会場から大きな拍手が沸き起こり、目頭が熱くなりました。レースは結果が全て。ゴールのたった3分前までトップで走っていた5号車が、このような形になってしまったのがとても残念ですが、私の中ではMVPです!

■トヨタの挑戦

ル・マン・ウィーク中にトヨタのドライバーやチーム関係者からお話しを聞く機会が何度かありましたが、全員が目指していた「ル・マン総合優勝」に向かいチーム一丸となって努力をし続ける姿に心うたれました。また、「表彰台にのること」ではなく「優勝」にこだわったトヨタはかっこいい!! 来年こそ総合優勝を獲得できると信じています。そして、これからもトヨタの挑戦を応援します!

ル・マンはWECシリーズの第3戦ですが、やはりル・マンで勝つということは特別な事なんだなと改めて思いました。公開車検から始まり約1週間お祭り状態! お客さんもこの1年に1回のビックイベントを心から楽しんでいるようでした。そんな姿を見て、ル・マンが地元の人に長く愛され続けている理由が分かりました。私もすっかりル・マンのファンに! また来年も行きたいです!!

次戦のWECは7月24日(日)にドイツのニュルブルクリンクで開催されます。そして10月16日(日)には富士スピードウェイで6時間の耐久レースが行われます! 何が起こるか分からない耐久レースの面白さや、様々なクラスのマシンが一斉に走る迫力をぜひ体感してほしいです。

(yuri)

【Bonjour!ルマン女子vol.13】優勝にこだわるトヨタがカッコイイ! 来年のル・マンにさらに期待!!(http://clicccar.com/2016/06/22/380643/)