クサい!汚い!娘は本当にパパが嫌いなのか?

写真拡大

とくに思春期になると、パパと娘の関係は、なぜだかギクシャクしがち。毎日家族のために一生懸命働いているパパ。わかってはいるけれど、娘の口から飛び出す言葉は「ありがとう」「お疲れ様」という労いではなく、「クサい」「汚い」など、悪口ばかり…。果たして、その言葉は本気なのでしょうか?

●パパと娘の関係を1200人に大調査!

2013年の2月に、「M1・F1総研」が行った調査があります。その結果を参考に、娘はパパのことをどう思っているのかについてみていきましょう。

まずは、直球勝負。「お父さんのことを好きか嫌いか」という質問。続けて、「お父さんと一緒にしたことがある事」について。答えは以下の通りになりました。

□パパに対する気持ち

1位:やや好き(40.6%)

2位:好き(35.8%)

3位:やや嫌い(15.6%)

4位:嫌い(8.1%)

□パパと一緒にしたことがある事

1位:外食(83.4%)

2位:買い物(76.2%)

3位:旅行(66.8%)

4位:メールやSNS(65.5%)

5位:イベント・レジャー(62.7%)

6位:ドライブ(56.4%)

パパのことを好意的に捉える回答(「好き」「やや好き」)は、全体の76.4%と圧倒的に多いことが判明。また、「パパと一緒にしたことがある事」については、年齢が若い世代のほうが、経験率が高い傾向があります。今どきの娘たちは、パパ好きな人が多いのかもしれませんね。

●娘にとって“パパ”という存在は?

娘にとってどのような存在であるか、気になるパパも多いはず。本調査では、それについても結果がありました。

□娘にとってパパの存在は? TOP3

1位:家族の大黒柱(75.8%)

2位:静かに見守ってくれる存在(72.6%)

3位:社会人としての先輩(71.1%)

上位3つを見ると、娘にとってパパは「頼れる存在」と思っているようです。一方で、「母に対してよりも重い相談ができる人」という項目はもっとも低く、16.9%という結果に。頼れる存在ではあっても、相談ごとはママのほうが安心ということなのでしょうか?

●娘に好かれるには…?

現在進行形で、娘との距離が離れつつあるパパに朗報! 「理想の父の姿」「今どき女子の男性観」という項目を見ると、打開策がみつかるかも?

□理想の父の姿

1位:家族のために生きる(78.8%)

2位:こだわりがある(77.1%)

3位:ダンディ(75.1%)

□今どき女子の男性観

1位:本当にカッコイイ大人の男性は奥さんや娘を大事にする(85.9%)

2位:年をとっても見た目や着るものに気を遣ってほしい(74.3%)

3位:太ったりハゲたりよりも、持ち物や服に気を遣わないほうが嫌だ(50.1%)

以上のことをふまえると、「自分のこだわりをもちながら」「家族のために生きる」、「オシャレに気を遣う」パパが娘から好感を得られやすいということになりますね。

娘からのパパへの悪口。思春期だけで終わることが多いですが、わかってはいてもショックなもの…。娘と良好な関係を築くために、まずは、ヨレヨレのTシャツを着ていないか、鼻毛が出ていないかなど、身だしなみのチェックから始めてみては? 娘に「パパの洋服を選んでよ」と頼んでみるのもいいかもしれませんね。

(文・明日陽樹/考務店)