テスラ追う新興EV企業Faraday Futureが自動運転車の公道試験許可を取得。カリフォルニアで今年後半にも走行開始

写真拡大

 

米国の新興EVメーカーFaraday Futureが、カリフォルニア州での自動運転車運行の許可を取得しました。今年後半から、自動運転EV試作車両で走行テストを開始する見込みです。Faraday Futureはミシガン州でも同様の許可申請をしています。Faraday Futureは、高級EVの分野でテスラに挑戦を挑もうとしている新しいEVベンチャー。最近はラスベガス北部に10億ドルもの資金を投じて工場を建設していることが話題となりました。またFaradayの経営陣にテスラから引き抜いた人材が揃っており、さらにBMW の電気自動車 i3 やハイブリッドスポーツのi8 Conceptを手がけたデザイナーも在籍しています。

これまではFaraday Futureによる自動運転車の開発については、ほとんど情報が伝えられていませんでしたが、6月21日にロイターが報じたところによると、Faraday Futureは2015年からサンノゼにある技術開発拠点で完全自動運転も可能な「最高水準のドライバー補助システム」を開発しており、さらにテスラの車同様にOTAアップデート機能も備えているとされます。

もちろん、自動運転用の試作車両はCES 2016 で公開したスーパースポーツEV「FFZero1」とは違ったものになるはずです。とはいえ、一時はアップルとの関係も噂されたFaraday Futureの車がどんな格好で現れるのかも気になるところです。

カリフォルニア州で自動運転車の試験走行許可を得たのはFaraday Futureが13社め。もはやカリフォルニアの公道は、自動運転車の路上教習コースと言っても過言ではなさそうです。

ちなみに、Faraday Futureは最近、元フェラーリのマルコ・マティアッチ氏を役員として迎え入れました。マティアッチ氏はフェラーリのアジア・パシフィック部門を指揮したのち、フェラーリ日本法人を設立し代表を務め、さらにフェラーリ北米部門CEOに就任するなど、凄腕の経営者としてのし上がった人物。ただ、2014年にはフェラーリF1チーム代表となったものの目立った成績をあげられず、社内のゴタゴタもあってフェラーリを離れる結果となっていました。