オールするほど若くなかった! 朝まで飲んで失敗したこと12

写真拡大

友だちや同僚の集まる飲み会の場は、気ごころもしれているので、いつもの飲みの席より楽しく感じるもの。しかし次の日が仕事なら、それなりにお酒も控えなくてはなりませんよね。そこで今回は文字通り朝まで飲んで、翌日の仕事に響いた経験のある社会人女性のみなさんに、こっそりお話を聞いてみました。

■二日酔いになった

・「ひどい二日酔いで、夕方まで使い物にならなかった」(32歳/その他/クリエイティブ職)

・「吐き気が止まらなかったことがある」(22歳/ホテル・旅行・アミューズメント/事務系専門職)

・「二日酔いでお腹を壊して、職場のトイレから出てこられなくなった」(26歳/アパレル・繊維/販売職・サービス系)

朝までお酒を飲むと、当然ついてまわるのが二日酔いですよね。頭がガンガンしたり、吐き気が止まらなかったりすると、仕事にはならなくなってしまいますね。

■眠い

・「本当に眠くて、仕事どころではなかった」(28歳/印刷・紙パルプ/クリエイティブ職)

・「よくある。眠くて死にそうになる」(27歳/機械・精密機器/事務系専門職)

・「朝までクラブに行き、寝ずに職場へ。耳はわんわんしてるし、眠すぎて死にそうだった」(28歳/金融・証券/秘書・アシスタント職)

朝まで飲んだまま会社に行くと、寝不足が仕事に響いてしまうのは当然ですよね。一日中睡魔と闘わなければならないので、仕事の効率も下がりそうですね。

■集中できない

・「朝まで飲んでしまい、翌日の仕事は全然集中できなかった」(34歳/医療・福祉/専門職)

・「眠くて集中できなかった」(24歳/金融・証券/営業職)

・「寝不足で思考回路が止まった」(23歳/不動産/事務系専門職)

オールで飲んでいると、お酒が残っていたり、寝不足だったりして、仕事に集中するのは難しくなってしまうかもしれませんね。集中力の必要な業務だと、厳しいかもしれませんね。

■仕事にならない

・「二日酔いになって、パソコンの文字が見づらくなっていたとき」(22歳/金融・証券/事務系専門職)

・「明け方まで飲んでタクシー帰り。1時間睡眠で出社したら午前中仕事にならなかった」(27歳/建設・土木/事務系専門職)

・「お酒に弱いのに飲み過ぎて、次の日フラフラだった」(25歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

お酒の影響で、何かしら仕事に影響が出てしまうこともありますよね。お酒が抜けていない状態で出社しても、文字もまともに読めなかったりフラフラだったりと、ほとんど仕事にならなくなってしまうかもしれませんね。

たまにはハメを外して遊ぶのも良いですが、やはり社会人であれば翌日の仕事を考えた上でコントロールしたいもの。朝まで飲むのなら、翌日は休日のときを選んで、スケジュールをセッティングするようにしたいですね。

(ファナティック)

※画像は本文と関係ありません

※『マイナビウーマン』にて2016年6月にWebアンケート。有効回答数162件(22〜34歳の働く女性)