「細菌が原因で病気になる」ことは誰でもご存じだろう。身体の表面は細菌の層で覆いつくされている。一体どんな菌が棲息しており、どんな病気を引き起こすのだろう?

写真拡大

「細菌が原因で病気になる」ことは誰でもご存じだろう。われわれの身体の表面は細菌の層で覆いつくされている。一体どんな菌が棲息しており、どんな病気を引き起こすのだろう?健康時報網が伝えた。

米FOXニュースによると、米国立衛生研究所(NIH)はこのほど、人体の皮膚常在菌の分布マップを制作した。かかとに棲息している常在菌の種類が最も多く、胸部と腹部の常在菌の種類は最も少ない。また、人体に最も多く存在しているのはマラセチア菌(ピチロスポルム属)だった。では、このような常在菌は健康にどのような影響を及ぼしているのだろうか?

○種類が多いが病気の原因にはならないかかとの細菌

人体の踵の部分や足の指と指の間の部分に棲息する細菌の種類が最も多い。マラセチア菌、アスペルギルス菌、クリプトコッカス菌、赤色酵母菌、エピコッカム菌など、かかとには80種類以上の真菌が棲息している。

だが、このような現状から、かかとが身体の中で最も汚い部分だと思うのは間違いだ。かかとに存在する真菌は種類が多いが、その多くが病気に結びつくことはない。その多くは、細菌性疾患を引き起こすことはなく、かかとの真菌は胞子という形で表面にあらわれる。それはまるで細菌の「息子」のようで、サイズはかなり小さく、虫の蛹のように殻に包まれており、病気の原因になることはない。だが、その胞子が大きく成長した場合は、有害となる恐れがある。

○隙間に隠れていることが多い「発病に至る細菌」

発病に至る細菌の多くは、足の指の間、手の指の間、脇の下の窪み、太ももの窪みなど、隠れた場所に潜んでいる。この仲間には、 皮膚糸状菌、酵母菌、カビ菌などがある。酵母菌の仲間であるマラセチア菌が、人体で最も多く棲息している。これは、温暖・湿潤な環境ならばどんどん成長する菌糸であり、人体に棲息すると有害な存在となり得る。

われわれの身体では、皺と皺の間や狭い部分は良く発汗し、空気の通りも悪く、これらの有害な細菌が生育しやすい環境になりやすい。また、毛髪が生えている頭部も、感染しやすい部分だ。夏季は温度と湿度が高いため、細菌感染が活発になる。

皮膚科の外来診察では、細菌感染が原因で起こる皮膚疾患で受診する患者が15%から20%を占める。頭部白癬、手部白癬、足部白癬(水虫)、股部白癬(いんきん)、体部白癬(ゼニたむし)などの患者は、程度の差はあるものの、皮膚がかゆくなる、皮がむける、水ぶくれができる、ただれる、などの症状を呈する。(提供/人民網日本語版・編集/KM)