女性からの「逆プロポーズ」って実際どう?アラサー男性に聞いてみた

写真拡大

恋愛・結婚に奥手な男性が増えているといわれる昨今。従来「男性からするもの」として捉えられていたプロポーズなんて、今や女性からするのも珍しくないようです。

でも、この「逆プロポーズ」を世の男性はどう考えているのでしょうか。アラサー男性にリアルな本音を聞いてみました。

◆こだわりはないのでウェルカム

「逆プロポーズ……うれしいに決まってますよ。好きな相手から『あなたと一緒になりたい』と思ってもらえるなんて光栄ですからね。“絶対に僕からプロポーズしたい”みたいなこだわりはないので、普通に『結婚しよう』と言われるのは大歓迎です」(32歳/IT)

プロポーズで主導権を握るのはどちらでもいい、と考える男性は逆プロポーズ歓迎派のようです。逆に強いこだわりを持っている相手には、逆プロポーズをしないほうが無難かもしれません。

◆逆プロポーズしてくる相手による

「うっすらと『結婚したい』と思っていた相手から言われると、素直にうれしいなと思いますね。でも、結婚を全然考えていない相手からだと、正直困ってしまうかも(笑)。申し訳ありませんが、人によりますね……」(28歳/証券)

仰るとおりですが……とツッコミたくなる回答。この歳になって結婚を考える気ゼロの相手と付き合うことってあるんですか、と重ねて問いかけたくもなります。が、そういうケースもあるようなので、まずは相手に結婚する気があるかどうかを確かめて。

Man in white shirt thinking hard

◆自分から言いたいので若干ガッカリする

「古い考え方ですが、自分は“プロポーズは男から”と考えるタイプなので、ちょっとガッカリするかもしれないです。『俺から言いたかった……』とテンション下がりそう(笑)」(29歳/建設)

最初の男性とは逆のパターン。リードしたがる・男っぽさあふれるタイプの男性には、逆プロポーズの効果は期待できない、と考えたほうが正解かもしれません。

◆驚く&若干引いてしまうかも

「『そんなに結婚したかったの……』と驚いてしまうかも。力強い感じもあまり好みじゃないですね。自然な流れで結婚するのが理想的だと思うので」(33歳/出版)

女性が積極的に結婚の意思を示すと、引いてしまう男性がいるのは残念ながら事実。相手のタイプを分析して、上手な出方を見極めたいものですね。

男性の間で意見が分かれる逆プロポーズ。自身の恋人のタイプによって「攻め方」を調整してみてくださいね。