21日、韓国の人気俳優チャン・ドンゴンが「我曾愛過[イ尓]、想起就心酸」で中国ドラマに初出演する。写真はチャン・ドンゴン。

写真拡大

2016年6月21日、韓国の人気俳優チャン・ドンゴンが「我曾愛過[イ尓]、想起就心酸」で中国ドラマに初出演する。新浪が伝えた。

【その他の写真】

広東省で撮影が進んでいるドラマ「我曾愛過[イ尓]、想起就心酸」は、同名の人気ネット小説を映像化するもの。主演はチャン・ドンゴンと中国の女優タン・イーシン(唐芸[日斤])で、映画大学に通う女子大生と、偶然に出会った男性とのピュアな年の差愛を描く。

チャン・ドンゴンがドラマに出演するのは、12年「紳士の品格」以来4年ぶり。中国ドラマへの出演はこれが初めてとなる。なお、中国映画にはこれまで「PROMISE 無極」「危険な関係」に出演している。

中国ドラマにはこれまで、歌手で俳優のRAIN(ピ)をはじめ、スーパージュニア(Super Junior)のシウォン、イ・ジョンソクらが出演してきた。今回のチャン・ドンゴンは、これまで出演した中で最もビッグな韓流スターとなる。(翻訳・編集/Mathilda)