あなたの「幸せ」は、周りの人次第:研究結果

写真拡大

他人と比べて恵まれていてもそうでなくとも、「不平等」が生じるときに幸福度は下がるという研究結果が発表された。研究チームは、ある個人がどれぐらい幸福で寛容になれるかを予測する「幸せの方程式」をまとめている。

「あなたの「幸せ」は、周りの人次第:研究結果」の写真・リンク付きの記事はこちら

最新の研究によると、幸せは自分自身の状況のみによって決まるのではなく、周りにいる人々の身に起きていることにも影響されるようだ。研究を行ったユニヴァーシティ・カレッジ・ロンドン(UCL)のグループが、その成果を「幸せの方程式」にまとめている。

『Nature Communications』誌に発表された今回の研究によれば、自分自身と他者の間に不平等が生じている場合に幸福度は下がるという。この結果は、他者と比べて恵まれている場合にもそうでない場合にも当てはまった。つまり、不平等そのものが「不幸の根底」にあると考えられる。

研究ではまず、お互いのことを知らない実験参加者47人が小さなチームに分けられた。実験のなかで彼らはお金をかけたギャンブルを行い、このとき同じチームのメンバーが勝ったか負けたかを知ることができた。

その結果、参加者たちの幸福度は、自分が勝ったときには、同じチームのメンバーが負けるよりも勝ったときにより上がることがわかった。反対に自分が負けた場合には、メンバーも同じく負けたときに幸福度は高くなる傾向が見られた。

RELATED

別の実験では、参加者たちが、出会ったばかりの人にお金を分け与えるように命じられたときの行動を調べた。参加者たちは実験の間、自分が感じている幸福度を評価するように求められる。

他者よりも多くのお金を得ると幸福感が下がる傾向をもつ人(研究によれば、その原因は罪悪感かもしれないという)は、お金を分けるように言われると、平均して自身がもつお金の30パーセントを差し出した。一方、他者より得るものが少ないと幸福感が下がる傾向をもつ人(ねたみが原因かもしれないという)は、10パーセントしか与えなかった。

この傾向は、お金を与える相手が誰なのか、あるいはその相手に好感をもっているかどうかとは関係がないことがわかった。つまり、人は他者に対する個別の感情とは無関係に、ある一定の傾向に従って他者と接している可能性があることを示している。

810

研究チームは、実験の結果を「幸せの方程式」にまとめている。これは、ある特定の状況下で、個人がどれくらい幸福で寛容になるかを予測するものだという。

「人の幸福度は自分に起きたことだけでなく、身の回りの人々に起きたことにも影響を受けることをわれわれの公式は示しています」。論文の共同筆頭著者であるロブ・ラトレッジ博士は述べている。

今回行われた実験の結果は、共感力を測定する有効な手段につながる可能性がある。さらに、境界性パーソナリティ障害のような症状に対する理解ももたらしてくれるかもしれない。