"浴衣=和"じゃつまらない!トレンドアクセと大人っぽ三つ編みの新鮮浴衣ヘア

写真拡大

今年もやってきました、花火&お祭りシーズン。浴衣のときのヘアアレンジって和っぽくなりがちだけど、それってちょっとつまらないかも。浴衣だからこそ、あえてトレンド感のあるヘアを合わせて、こなれ感を出しましょう! そこで、資生堂ヘア&メーキャップアーティストの齋藤有希子さんに、大人に似合うオシャレ三つ編みと、トレンドのヘアアクセサリーをミックスした、新鮮浴衣ヘアを教えてもらいました。

「編み位置と後れ毛」がこなれポイント

大人に似合う三つ編みのポイントは、編み位置と後れ毛の2つ。襟足から三つ編みを編んでしまうと大人しい印象になってしまうので、耳横の高い位置から編み始めましょう。毛先はゴムでくるっとまとめてしまうのがかわいくておすすめ。また、おでこを出し、顔周りに後れ毛を残すことで、色っぽさをプラス。前髪のある人は、斜めに流したりカチューシャなどで上げてしまってもOKです。ヘアアクセサリーは、かんざしなどの和物でなく、メタリック系のシンプルなものをあえてランダムにつかうと、ぐっと洗練感がアップしますよ。

浴衣に三つ編みがこんなにカワイイなんて! しかも三つ編みを編むだけだから、自分でも簡単にできちゃうところもうれしすぎ。さっそくマネしたくなりますね。

浴衣¥6,000、帯¥5,000/キモノ葉月、バレッタ(シルバー)¥1,200、バレッタ(ゴールド)¥900/サンタモニカ 原宿店
※価格はすべて税抜き価格です。

<問い合わせ先>
キモノ葉月:www.facebook.com/kimono.hazuki、サンタモニカ 原宿店:(03)5474-1870

photo:鈴木花美

【関連記事】
・ 「湯上り感」がお手本♡大人の色香を演出する浴衣メイク
・ ショートでもできる♡夏の簡単浴衣ヘアアレンジ

●当記事の情報は、ご自身の責任においてご利用ください。
●掲載された記事の内容は取材時点の情報に基づきます。