写真提供:マイナビニュース

写真拡大

バッファローは6月22日、小規模店舗・オフィス向け監視カメラシステム「Surcam(サーカム) CR1000シリーズ」を発売すると発表した。8月下旬より販売される。

本製品は、店舗やオフィスへの監視カメラシステム導入を低価格で実現する、レコーダー・カメラ一式のセット製品。カメラ4台セットの「CR1000-02-B14」とカメラ2台セットの「CR1000-02-B12」の2つがある。

テレビやパソコン用ディスプレイにレコーダーを映像ケーブルを一本接続するだけですぐに使用でき、カメラはPoE仕様で、LANケーブルから電源供給できる。

テレビやディスプレイに表示される操作画面は、4台のカメラ映像を同時に表示でき、映像再生は撮影日時・カメラ毎の選択ができる。

2TBのHDDを内蔵したレコーダーには、4つのカメラの映像を最大40日分保存でき、容量がいっぱいになった場合は古い映像から自動的に削除され、連続利用が可能。

カメラは、フルハイビジョンの2倍に相当する400万画素の撮影が可能で、防水・防塵設計で屋外への設置もできる。さらに、赤外線照射により灯りのない倉庫などの暗所でも記録できるという。

価格は、カメラ4台セットのCR1000-02-B14が235,000円(税別) 、カメラ2台セット のCR1000-02-B12が195,000円(税別)。

(丸山篤)