21日、韓国ソウル中央地方法院で中国の北朝鮮レストランで起きた亡命をめぐる審理が行われたが、元従業員は全員が法廷に姿を見せなかった。写真は浙江省寧波市の北朝鮮レストラン。

写真拡大

2016年6月22日、環球時報によると、韓国ソウル中央地方法院で21日、中国の北朝鮮レストランで起きた亡命をめぐる審理が行われたが、元従業員は全員が法廷に姿を見せなかった。

出廷を拒否したのは今年4月に中国浙江省寧波市の北朝鮮レストランから亡命した元従業員の女性12人。韓国への亡命が自発的な意思によるものかどうかなどを確認する予定だった。当局の説明によると、女性らは家族の身に危険が及ぶことを心配しているという。(翻訳・編集/野谷)