正確に計測するなら、わずか3分46秒......。しかし、J・R・スミス(クリーブランド・キャブス/SG)は、「まるで3日間のようだった」と感じた。そして、同じ時間帯をカイリー・アービング(キャブス/PG)は、「先に決めたほうが優勝する」と予感していた。

※ポジションの略称=PG(ポイントガード)、SG(シューティングガード)、SF(スモールフォワード)、PF(パワーフォワード)、C(センター)。

 3勝3敗で迎えた第7戦、第4クォーター残り4分39秒。クレイ・トンプソン(ゴールデンステート・ウォリアーズ/SG)がレイアップを沈め、スコアは89対89のタイに。そこから、残り53秒になるまでの3分46秒の間、両チームの気迫のこもった守り合いは続き、両軍それぞれ6本のシュートを放つも決めきれない。

 瞬(まばた)きさえも致命的になりかねない、濃密な時間が過ぎていく......。そして、そのときが来る。レギュラーシーズンMVPのステファン・カリー(ウォリアーズ/PG)の激しいマークをかいくぐり、ステップバックから放ったアービングのスリーポイントシュートは、美しい弧を描きながらネットを通過し、その均衡を破った。同時に、1万9596人のウォリアーズファンが埋め尽くすオラクル・アリーナを、絶望の空気が包み込む。

 「先に決めたほうが......」と予感していたアービングだったが、喜びを爆発させるより先に、コートを見渡した。

「クレイ(・トンプソン)とステフ(・カリー)のディフェンスにつかなければ」

 残る53秒をしのぎ切り、試合終了のブザーが鳴る。その瞬間、クリーブランド・キャブスはNBAファイナル史上初の1勝3敗から逆転優勝を達成したチームとなった。

 マイアミ・ヒート時代にファイナルを制した2度の瞬間は、満面の笑みだった"キング"レブロン・ジェームズ(キャブス/SF)。そんなレブロンが、キャブス初優勝の瞬間はコートにしゃがみ込み、手でその顔を覆った。それでも溢れてくる涙が、キャブスでの優勝をどれほど渇望していたか、そしてそれを成し遂げるための死闘がいかにタフだったかを物語る。

 昨シーズンと同カードとなった今年のNBAファイナル――。「ビッグ3」のアービングとケビン・ラブ(PF)を欠いて敗れたキャブスから見れば、どちらが"真の王者"かを決める一戦だ。一方、レギュラーシーズン史上最多の73勝をマークし、さらにレベルアップしたゴールデンステート・ウォリアーズからしても、"健康体"のキャブスを返り討ちにすることで、真の王者であることを証明する絶好の舞台である。

 しかし、シリーズが開幕すると、激戦を望む周囲の期待をよそに、第1戦を15点差、第2戦を33点差という圧勝で、あっさりとウォリアーズが2連勝を挙げる。しかも、キャブスは第2戦でラブが脳震とうを起こして第3戦の欠場を余儀なくされ、昨年の嫌な記憶が呼び起こされることに。

 クリーブランドに会場を移した第3戦はキャブスが意地を見せ、120対90の30点差でシリーズ初勝利を挙げる。しかし喜びも束の間、第4戦はカリーのスリーポイント7本を含む38得点の活躍でウォリアーズが勝利し、シリーズ通算3勝1敗。早々とリーグ連覇に王手をかけた。

 ただし、もちろん結果論であるが、この第4戦がシリーズの行方をキャブス側へと大きく傾けることになる。

 第4クォーター終盤、レブロンとドレイモンド・グリーン(ウォリアーズ/PF)がもつれてフロアに倒れ込む。起き上がったレブロンがグリーンの上をまたぎ、それに腹を立てたグリーンがレブロンの太ももを叩いた。試合後、リーグが一連のやりとりを調査した結果、グリーンに対して1試合の出場停止処分が下されることとなる。

 この処分に対し、「1試合でもファイナルを長引かせたいというリーグの意思が介在したのでは?」というファンの心情を代弁したのが、往年のスーパースター、レジー・ミラーだった。「もしシリーズが2勝2敗のイーブンだったら、グリーンは出場停止にならなかっただろう。俺の右腕を賭けてもいい」。
 
 そして第5戦、今季のオールディフェンシブ1stチームに選出されているグリーンの不在は、想像以上に大きな穴となった。敵地にもかかわらず、レブロンとアービングは次々とショットを決め、それぞれ41得点をマーク。112対97でキャブスが快勝し、対戦成績を2勝3敗とした。

 この星を落とす以上に、ウォリアーズにとって痛かったのが、第3クォーターにアンドリュー・ボーガット(C)がひざを負傷して退場し、検査の結果、残り試合の欠場が決定したことだろう。

 昨シーズンのファイナル終了後、キャブスの多くの選手がケガによる主力の不在を嘆くと、カリーは「健康ですまなかったね」とジョークで返した。皮肉にも、今回はウォリアーズが同じジョークを言われる立場に立たされたのだ。

 ふたたびクリーブランドで行なわれた第6戦は、両チームのエースの出来が明暗を分ける。レブロンはまたも41得点を記録し、さらに11アシスト、8リバウンド、4スティール、3ブロックと大暴れ。ファイナルで2試合連続40得点超えを記録したのは、2000年のシャキール・オニール(当時ロサンゼルス・レイカーズ)以来のことだ。

 一方のカリーは30得点を挙げるも、不用意なファウルが重なり、第4クォーター残り4分22秒という大事な場面で6回目のファウルをコールされて退場。微妙な判定であっただけに、不服なカリーはマウスガードを投げつけるほどフラストレーションを爆発させた。試合は115対101でキャブスが勝利。対戦成績はついに、3勝3敗のイーブンとなった。

 そして6月19日、この試合の勝者が今季のNBA覇者となる運命の第7戦――。一進一退の攻防は続き、文頭の場面にたどり着く。

 キャブスの初優勝は、クリーブランド市民にとっては単なる優勝ではない。クリーブランドを本拠地とする北米4大プロスポーツリーグのチームが優勝したのは、クリーブランド・ブラウンズがNFLチャンピオンとなった1964年以来、実に52年ぶりとなるタイトルだ。

 さらにいえば、レブロンはプロデビューした2003年から2010年までキャブスに在籍し、1度はNBAファイナル(2007年)にたどり着くも、優勝には手が届かなかった。その後、マイアミ・ヒートに4シーズン在籍し、2度の優勝を果たしたレブロンは2014年、ふたたびキャブスに加入。悲願の初優勝は、復帰したときにファンと交わした「生まれ故郷にチャンピオンシップをもたらすために帰ってきた」という約束が果たされた瞬間でもあった。

 一方、ファイナル歴史上初めて「1勝3敗から敗れ去ったチーム」となったウォリアーズからすれば、キャブス優勝の瞬間は悲劇以外の何物でもない。「73勝もしながら優勝できなかった」という事実が、落胆に拍車をかける。「第5戦にグリーンが出場していたら......」「ボーガットがケガをしなければ......」と、ファンは悔やんでも悔やみきれないはずだろう。

 しかし、誰よりも早く前を向いたのが、他ならぬエースのカリーだった。視界に入ることすら受け入れ難いはずの歓喜に沸くキャブスの面々から、カリーは目を逸らさなかった。

「いい気分ではないよ。ただ、この記憶を脳裏に焼きつけて力に変えたい。このステージで戦うのは、今回が最後ではないから」

 禍根は残る。だから、物語は続く――。

 今度はカリーが、ウォリアーズが、リベンジに燃える番だ。そしてキャブスは連覇を、さらにレブロンはヒート時代に成し得なかった「スリーピート」も狙うだろう。今シーズンのNBAは終わった。ただし、ひとつの物語の終焉は、新たな物語の始まりでもある。

水野光博●文 text by Mizuno Mitsuhiro