写真提供:マイナビニュース

写真拡大

日本IBMとみずほフィナンシャルグループは6月22日、ブロックチェーンの活用に向けた技術検証を開始することに合意した。具体的には、IT技術の標準化を推進するオープンソース・コミュニティのLinux Foundationが提唱する「ハイパーレジャー(Hyperledger)」とIBMがオープンソースを活用して開発したブロックチェーン技術「オープンブロックチェーン(Open Blockchain」を用いて、決済業務の領域で仮想通貨などの検証作業を開始する。

ブロックチェーンは多くの取引参加者に対し、低コストで効率的な取引の仕組みを実現できる可能性があり、多くの実証実験が行われるなど金融業界のみならず幅広い業態で高い関心を集めている。

今回の技術検証において、みずほは日本IBMが提供するアプリケーションの短期開発支援サービス「IBM Garage」を通じ、決済業務におけるブロックチェーンの適用可能性および仮想通貨の実現性について評価などを実施する。

日本IBMは、国内外の各業界に対する取り組みで培った知見と、みずほのシステム構築の経験を踏まえ、ブロックチェーンによる業務アプリケーションの設計や構築など、アプリケーションの開発スタイルの変革に向けた基準作りを支援する。

みずほは、内外の環境変化に対応して、最先端の技術応用により新たな顧客体験やビジネス価値を生み出すプロジェクトを推進しており、今後は技術検証を通じてブロックチェーン技術や仮想通貨に関する研究を進め、利便性の高いサービスの提供、技術の進化にもスピーディーに対応する新しい金融サービスの創造を推進していくという。

日本IBMは、Linux Foundationの「ハイパーレジャー・プロジェクト」に参画し、ブロックチェーン技術の実用に向けた取り組みを推進しており、今回の取り組みではアプリケーションの開発者が高いセキュリティを保ちつつ、分散台帳を容易に構築できる技術を提供していく方針だ。

(岩井 健太)