12星座別【2016年下半期の結婚運】山羊座は秋頃に婚活の成果があらわれそう!

写真拡大

――2016年も後半がスタート。結婚につながる出会いは訪れましたか? 占い師のまついなつきさんが12星座別に、2016年下半期に結婚運を占います。気持ちを切り替えて、結婚のチャンスをつかみましょう!

<2016年下半期の結婚運は……?>
 1人で頑張りたい乙女座に滞在していた木星が、9月9日、他者やパートナーを意識する天秤座に移動します。これによって、結婚を人生の選択肢に加える人が増えるでしょう。また行動を実践に移す火星も他者の存在を意識したサインを順次運行していくので、婚活や結婚前提の交際に思い切って飛び込みやすいのが2016年後半の傾向です。

 それでは12星座別に2016年下半期の運勢を見ていきましょう。

■牡羊座……電撃結婚&おめでた婚の可能性あり!
 9月9日の木星天秤座入りとともに、結婚が決まるにふさわしい星回りが訪れます。すでに交際中の相手がいるのであれば、2016年のカレンダーが終わる前に話がまとまるでしょう。9月までは仕事が忙しいのでなかなかそういう流れになりにくいのですが、交際相手がいない人も、9月9日から自然に交際範囲が広くなり、ストライクゾーンも広がるので、いい相手と出会えます。2016年後半の牡羊座は、電撃結婚、おめでた婚をする可能性が高いです。

■牡牛座……一度、現実を見つめて
 「年貢の納めどき」という結婚運です。ある程度の縁を持つ期間を経て、特に2014年の夏頃から関係が深まったといえる相手とは、8月の後半に生涯のパートナーとして相手を迎え入れるかどうかの岐路に立ちます。まだまだ将来、もっといい人があらわれるのではと期待する期間が長かった人は、そろそろ現実をみるタイミング。お相手がいない場合は、7月〜8月の2カ月のうちに、結婚を考えてもいいなと思える落ち着いた相手があらわれます。

■双子座……結婚よりも恋愛に向いている時期
 2016年の後半は、男女ともに年齢や収入に開きがある格差婚に縁がありそうです。そのような条件の相手が現在いないのであれば、焦らず、まだ様子を見ておくほうがいいでしょう。どちらかというと、今は恋愛運がいいとき。しっかりとした生活や将来設計を考えるとうんざりしてしまうので、結婚にはあまり向かない時期なのです。10月に、自分の結婚に必要な要素とはなにか、ということを考えなくてはならない出来事がひとつ浮上します。

■蟹座……結婚を意識するのは秋以降に
 結婚に対する強いプレッシャーにもみくちゃにされていたはずのここ数年ですが、10月6日あたりから、やっとチャンスらしいチャンスが巡ってきます。それ以前の時期に決定したことや覚悟したことは、後でひっくり返したくなったり、諦めたりしやすいので、10月になるまで「結婚」を意識せず過ごしたほうがいい結果になります。婚活も10月以降にスタートを。少々物足りなく思うような相手が、ちょうど良縁という暗示です。

■獅子座……兄弟姉妹、幼馴染が結婚のサポートに
 11月から年末にかけて結婚運は活性化してくるけれど、2016年後半の範囲の中ではまだ決め手に欠けます。結婚についての情報が集まり、周囲もにぎやかで騒がしくはなってくるけれど、越えなくてはならないハードルがいくつもあらわれそう。愛情よりも、経済面など現実的な条件が大切という流れに乗ることができるのであれば、兄弟姉妹や幼馴染などの存在にサポートされ話が進むことも。複数候補がいるあなたは、まだ慌てるときではありません。

■乙女座……結婚につながるご縁アリ!
 仕事にすっかりくたびれてしまったから結婚もいいかなと、めずらしく隙ができる時期です。2016年から2017年前半の結婚は財運に恵まれるので、家庭という責任を背負って地盤を安定させてから、また仕事を頑張るという流れを作れるといいでしょう。ただし、8月末の出会いと決断は予想を裏切る落胆が待ちかまえているので、その時期は要注意。10月の出会いと決断は、地味ですが結婚につながる良縁です。婚活も10月に照準を。

■天秤座……趣味を充実させることで運命の相手があらわれる
 年末にパートナーチェンジの暗示があります。この人と決めた相手がいても、結婚については様子を見たほうがいいでしょう。自分の本質を掘り下げていく2016年の後半期は、自分の仕事や趣味にエネルギーを注ぐことで、本来の運命の相手が輪郭をあらわします。それでもつながる縁であれば2017年以降、結婚に進みますので、年末に切れる縁はそこまでにしておかないと腐れ縁になります。相手がいない人は、2017年以降のほうがいい出会いです。

■蠍座……自分が成長することが鍵
 残念ながら2016年後半の蠍座の結婚運は、いいとは言えません。自分に自信がない時期が継続中ということで、この時期は、結婚に向けて自分の自信を取り戻すことにエネルギーを使うことになるでしょう。9月半ばから10月にかけて、ちょっとした運命を感じる出会いはありそうですが、堂々と周囲に交際を打ち明けられないなど、ワケアリな間柄に発展する暗示があります。交際中の人も、結婚準備に関してはちょっとしたアクシデントを伴いそうなので慎重に。

■射手座……具体的な結婚の話を進めよう
 2015年9月から結婚運は高まりを見せていました。これまで紆余曲折ありましたが、2016年後半、9月9日から2017年10月までは、人生の大きな決断をして身を固める最大の好機到来。結婚につながる出会いは2017年の年明けまで待つ必要がありますが、交際相手がいる人は、この時期に具体的な話が進みます。この期に決めないと長い春がスタートするので、結婚せずともパートナーとして一緒に人生と歩みたいのであれば、同棲開始もいい選択に。

■山羊座……婚活の成果が出そう
 エネルギーは仕事方面に流れがちで、私生活を充実させる方向の星回りは小休止の時期。愛情を満足させるというより、生活や人生を安定させる基盤作り、合わせて結婚もひとつの仕事として捉えて取り組む必要が。ただ、そのことを交際相手や、婚活時には隠しておく必要があります。10月には、パワフルな愛情で相手をサポートする、というあなたの責任感が輝くので、社会的に信用される結婚をする好機。婚活もこの時期に成果が出ます。

■水瓶座……友人の紹介に有力候補が!
 現在、交際中で結婚に向けた話が進行中であれば、そのままスムーズに2016年中に成婚となります。式や新婚旅行などを必要以上に華美にする傾向にだけ気をつければ、人生の基盤をしっかりと固める時期に。婚活中の人はストライクゾーンが狭すぎる傾向があり、まだまだいい人がいるはずと条件がエスカレートしがちです。しかし、8月末に友人の紹介で出会う年上の人が有力候補なので、最初から結婚相手と意識せず、友達として付き合ってみてください。

■魚座……12星座中、最高の結婚運!
 この1年で交際範囲が広がり、結婚相手の候補も複数出てきたりと落ち着かない結婚運でしたが、9月末にひとつの結論が出て、結婚話もまとまります。いまだ候補がいない! という人も、9月末にお見合いや目上の人の紹介で決まる暗示。相談所やマッチングサイトを利用している人は、なるべく名の知れた大手の会社なら縁が結ばれます。人生設計や収入源が変わり、「奥さん」や「大黒柱」のような肩書きが確定しそう。この下半期、12星座中結婚運はトップ。自信を持って。

 結婚は、相手の人生に関与することを長く続けていきます、という大人の契約なので、土星の位置も重要です。特にこの時期、牡羊座、獅子座、射手座の火のグループは、決断を先延ばしないほうが幸せになるでしょう。
(まついなつき)