写真提供:マイナビニュース

写真拡大

大阪大学とパナソニックは、人工知能技術とそのビジネス応用に関する人材開発を共同で行う人工知能共同講座を開始することを、2016年6月21日付けで合意したと発表した。パナソニックは、「人工知能分野において、大学と産業界による共同講座の実施は国内初の取り組み」としている。

パナソニックの人工知能人材開発やデータ活用のニーズと、大阪大学の知能科学技術や学際融合研究のシーズを融合させて、「人工知能技術統合カリキュラム(散在する人工知能技術に関する講義を1本化した、オープンな人工知能カリキュラムの構築」、「データ利活用基盤の共同推進(実証実験を通じた、データ利活用における技術課題・社会課題の解決)」の2つの講座が提供される。

同講座は、人工知能技術を研究開発やビジネスに活用できる人材を、座学+実プロジェクトによる実学で創出することを目指し、まずは、試行カリキュラムとして、データマイニング基礎講座および機械学習基礎講座(各2.5時間、10回、6カ月)を、パナソニック内の人工知能研修施設(Panasonic AI Hub)にて、パナソニックの技術者向けに開始。2017年4月からは、大阪大学の学生や同取組みに賛同する他の企業や大学に対しても、カリキュラムを提供する予定となっている。

大阪大学では、データビリティフロンティア機構における実践専門人材育成への展開を図るとともに、人工知能技術を核とした異分野間のデータ交差(クロス)誘発に基づく新たな学際融合研究を推進。パナソニックでは、社内の研究開発から、商品開発、モノづくり、マーケティング、顧客サポートなどの自社業務に関する実プロジェクトで実証すると共に、将来は顧客へ業務革新ソリューションとして提供していく。そして、両者でこれらの活動により蓄積していくデータに基づく情報や知識を活用した新たな産学連携による協創の場づくりを目指す。

(Aries)